スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛官の心がまえ

先日の毎日新聞で防衛大校長の五百旗頭氏が、槇智雄初代校長の「服
従の誇り」という言葉を紹介していましたが、「自衛官の心がまえ
4. (2)の解説にも次のように書かれています。

<服徒の真価はみずから進んで行なうところにある。よい服従は表裏
のない誇りをもった服従であり、それは自律にまで高めることができ
る。>

「自衛官の心がまえ」とは、いわば旧軍の「軍人勅諭」にあたるもの
で、昇任試験の論文の問題としてよく出るといわれています。

その前文は次のような書き出で始まっています。

<古い歴史とすぐれた伝統をもつわが国は、多くの試練を経て、民主
主義を基調とする国家として発展しつつある。その理想は、自由と平
和を愛し、社会福祉を増進し、正義と秩序を基とする世界平和に寄与
することにある。>

これはまさに、安倍元首相や田母神前空幕長が批判する“戦後レジー
ム”の精神に基づくものでしょう。

そして文民統制についても次のように書かれています。

<自衛隊はつねに国民とともに存在する。したがって民主政治の原則
により、その最高指揮官は内閣の代表としての内閣総理大臣であり、
その運営の基本については国会の統制を受けるものである。>

<われわれは自衛官の本質にかえりみ、政治的活動に関与せず、自衛
官としての名誉ある使命に深く思いをいたし、高い誇りをもち、次に
掲げるところを基本として日夜訓練に励み、修養を怠らず、ことに臨
んでは、身をもって職責を完遂する覚悟がなくてはならない。>

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1327-1c1e481f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。