スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前空幕長招致に関する各紙社説・コラム(2)

地方紙もいっせいにこの問題を採りあげていますが、論調はすべて田
母神氏および防衛省に対する批判です。

「前空幕長招致 文民統制は形ばかりか」(北海道)
< 最高指揮官である麻生太郎首相はこの問題をどう考えるか。憲法
観、歴史認識と合わせて聞きたい。
  野党は参院で文民統制に関する集中審議を求めている。首相も出席
し、さらに徹底した論議が必要だ。>
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/128658.html

「文民統制が問われている/前空幕長招致」(東奥日報)
< それにしても、とうてい理解できないのは、このように極端に偏
った歴史認識と思想を持った人物が、なぜ空自のトップにまで上り詰
めることができたのか、である。>
http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2008/sha20081112.html

「前空幕長招致 / 文民統制を分かっていない」(福島民友)
< 平成20年版防衛白書第Ⅱ部わが国の防衛政策の基本と防衛力整
備に記載されている文民統制の解説には、「軍隊は国の平和と独立を
守る不可欠の手段である一方、古代ギリシアの哲学者プラトンが、国
民を守るべき軍隊によって、かえって国民が危険にさらされるという
ことを述べたように、軍事力は、国民を守る力であると同時に、使い
方を誤ると、国民に対する脅威ともなりうる。このため、軍を政治の
統制のもとに活用するとともに、軍の政治介入を防ぐため、文民統制、
すなわち軍事力に対する民主主義的な政治統制を確保するための制度
が作られてきた」とある。>
http://www.minyu-net.com/shasetsu/syasetu/081112s.html

「前空幕長招致 どう立て直す文民統制」(信濃毎日)
< こうした考えの持ち主がどうして空自のトップに上りつめたのか、
不思議でならない。組織内に文民統制をないがしろにする芽が出てい
るのなら、早く摘み取らなければならない。政治のチェック機能を強
めて、幹部にはふさわしい人物を選ぶべきだ。>
http://www.shinmai.co.jp/news/20081112/KT081111ETI090006000022.htm

「前空幕長招致  『国士』気取りにあきれた」(新潟日報)
<「(村山元首相)談話と違った見解を書いたとは思わない」などと
する田母神氏の主張を、さしたる追及もなくやり過ごしたのは解せな
い。何を明らかにするための招致だったのか。>
http://www.niigata-nippo.co.jp/editorial/index.asp

「前空幕長参考人招致 文民統制、機能不全の危機」(岐阜 / 山陰
中央日報 )
< 職責に反したことは明らかだ。ところが驚いたことに、政治の側
から田母神氏の擁護論まで出始めている。自民党国防部会では「田母
神氏の持論のどこが悪いのか」「防衛省が歴史観で懲戒処分しようと
したのは問題」と意見が相次いだという。こうした声が上がることに
危うさすら覚える。>
http://www.gifu-np.co.jp/column/syasetsu/

「前空幕長招致/文民統制が揺れてないか」(神戸)
<  これを機に、政府は自衛隊の人事や教育のあり方を検証する必要
がある。なにより文民統制の大原則を固め直すことだ。>
http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/0001564270.shtml

「参考人の前空幕長 この期に及び強弁とは」(中国)
<  確かに言論の自由は民主国家で最も大切にされなければならない
基本的人権の一つである。しかしもともとは弱者の言論を守るための
権利だ。影響力の高い地位にいる人が、その力を後ろ盾に自説を吹聴
するために持ち出す論理ではあるまい。>
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200811120152.html

「【前空幕長招致】まかり通る異様な光景」(高知)
<  国民が自衛官に身につけてほしいのは特定の偏った歴史観ではな
い。常識に沿った正しい歴史認識と、文民統制や言論の自由の本当の
意味についてである。そこを間違えてはならない。>
http://203.139.202.230/?&nwSrl=234957&nwIW=1&nwVt=knd

「前空幕長招致 任命責任がより明確になった」(愛媛)
<  問題の緊急性を理由に、定年退職扱いとした処分は釈然としない。
時間はかかろうと正規の懲戒手続きをとり、再発防止のための実態把
握に努めるべきではなかったか。>
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017200811127842.html

「前空幕長招致 『組織ぐるみ』なら危うい」(西日本)
< 自尊心をくすぐる威勢のいい言葉は、耳に心地いい。不祥事続き
で、肩身の狭い自衛隊員の鬱屈(うっくつ)も分かる。
  だが、一部の突出した軍人の声が組織全体を覆い、侵略戦争への坂
を転がっていった過去の教訓を忘れてはならない。>
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/59084

「前空幕長招致 文民統制を再検証すべきだ」(熊本日日)
< 田母神氏は過去にも独自の歴史観を周囲に示していたという。そ
ういう人物をトップに据えた任命権者の防衛相も、承認した内閣も責
任が問われる。併せて辞めさせ方も定年退職扱いで良かったのか、再
度議論すべきではなかろうか。>
http://kumanichi.com/syasetsu/kiji/20081112001.shtml

「 [ 前空幕長招致 ] 文民統制の危うさ露呈」(南日本)
<  自衛隊は国民に選ばれた政治の判断に従うのが文民統制上、当然
である。だが、政治家がこうした認識で自衛隊をしっかりとコントロ
ールできるのか危うさを感じる。事態をもっと深刻に受け止めるべき
である。>
http://373news.com/_column/syasetu.php

「[前空幕長招致]首相の見解が聞きたい」(沖縄タイムス)
< 言うまでもないが、自衛隊の最高指揮官は麻生太郎首相だ。首相
は「村山談話」を踏襲すると述べたが、ここは首相としてこの問題を
どう捉えるのか。アジアの国々に訴えるためにも「首相談話」の形に
して表明するべきだ。>
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2008-11-12-M_1-005-1_001.html

「前空幕長参考人 危機にひんした文民統制」(琉球新報)
<  フランスの政治家が、大戦後に発した「戦争は軍人に任せるには
あまりに重大な仕事」との警句を今こそかみしめたい。>
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-138020-storytopic-11.html

「卓上四季」(北海道)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/

「新生面」(熊本日日)
http://kumanichi.com/sinseimen/200811/20081112001.shtml

 

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1308-2c5ff6f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。