スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樺太先住民族の戦争(上)

MLのオフ会で神戸護国神社を訪ねた際、建ち並ぶ戦友会の慰霊碑
の中で、ひときわ大きく、異彩を放っている「北方異民族慰霊之碑」
というのが目を引きました。

この「北方異民族」というのは、かつて日本の領土だった南樺太(現
サハリン)の先住民族であるウィルタ人(オロッコ人)やギリヤーク人
のことを指しています。戦前・戦中はそう呼称していたのでしょう。

戦前から日本陸軍はソ連軍の動向を探るため、国境を接した南樺太に
陸軍中野学校出身者を中心とした特務機関を設けていました。戦争が
激しくなってきた1942年、樺太の陸軍特務機関は先住民族の青年を召
集、対ソ連の諜報活動に従事させました。

日本の敗戦後、彼らは置き去りにされ、そしてソ連によって戦争犯罪
人としてシベリアに送られ、多くの人が強制労働や飢えのため亡くな
りました。幸い生き残った人の中には、故郷サハリンへ帰ることが叶
わず、国籍もないまま日本へ引き揚げた人も多くいたようです。

元樺太敷香(しすか)陸軍特務機関長だった扇貞雄元陸軍少佐は、シ
ベリアに散った多くの部下を悼み、「日本のために殉じた異民族の慰
霊は私がしなくて誰がする」という執念から、復員後起こした会社が
倒産の危機にある中で、この慰霊碑を建立しました。

兵庫県出身でない樺太先住民たちは、この神社には祀られていないと
思いますが、扇氏は戦後神戸市でずっと会社を経営していましたので、
この神戸護国神社に慰霊碑を建てたのでしょう。
      
    ―つづく―

ireihi

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1241-ab71d41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。