スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石橋湛山の「靖国神社廃止の議」

先に石橋湛山の「大日本主義の幻想」についての一考察をご紹介しま
したが、石橋湛山といえば、高橋哲哉著「靖国問題」の「おわりに」
の章で紹介されています「靖国神社廃止の議 難きを忍んで敢て提言
す」という一文が思い出されます。

これは戦後まもなく、「東洋経済新報」1945年10月13日号に「社論」
として掲載されたものです。その一部を引用します。

<靖国神社は、言うまでもなく明治維新以来軍国の事に従い戦没せる
英霊を主なる祭神とし、其の祭典には従来陛下親しく参拝の礼を尽さ
せ賜う程、我が国に取っては大切な神社であった。併し今や我が国は
国民周知の如き状態に陥り、靖国神杜の祭典も、果して将来これまで
の如く儀礼を尽して営み得るや否や、疑わざるを得ざるに至った。殊
に大東亜戦争の戦没将兵を永く護国の英雄として崇敬し、其の武功を
讃える事は我が国の国際的立場に於て許さるべきや否や。>

<又右の如き国際的考慮は別にしても、靖国神杜は存続すべきものな
りや否や。前述の如く、靖国神杜の主なる祭神は明治維新以来の戦没
者にて、殊に其の大多数は日清、日露両戦役及び今回の大東亜戦争の
従軍者である。然るに今、其の大東亜戦争は万代に拭う能わざる汚辱
の戦争として、国家を殆ど亡国の危機に導き、日清、日露両戦役の戦
果も亦全く一物も残さず滅失したのである。遺憾ながら其等の戦争に
身命を捧げた人々に対しても、之れを祭って最早「靖国」とは称し難
きに至った。とすれば、今後此の神社が存続する場合、後代の我が国
民は如何なる感想を抱いて、其の前に立つであろう。ただ屈辱と怨恨
との記念として永く陰惨の跡を留むるのではないか。若しそうとすれ
ば、之れは我が国家の将来の為めに計りて、断じて歓迎すべき事でな
い。>

全文は:
http://www.asyura2.com/0505/asia1/msg/293.html

これもまた現在にも通用する見識で、後継首相や首相候補者たちにも
ぜひ読んでほしい文章ではないかと思います。なお湛山自身も、海軍
主計中尉だった二男を戦争で失った遺族の一人でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/124-ab0e5cc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。