スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄県民大会から満1年

昨年沖縄の宜野湾海浜公園で開かれた「教科書検定意見撤回を求める
県民大会」から、きょうでちょうど一年になります。今日の沖縄2紙
の社説はこれがテーマです。

歴史教科書検定 県民大会要求実現は道半ば」(琉球新報)
<県民大会後、検定審は日本軍の「直接的な命令」「強制」について
の断定的記述は「生徒が誤解する」との指針をまとめ、訂正申請した
教科書会社に通知していた。
 歴史教科書問題に対する検定審の姿勢は何ら変わっていないのであ
る。>

「[県民大会から1年]継承への確かな道筋を」(沖縄タイムス)
< 軍の関与という形で記述が復活したのである。しかし、検定意見
そのものは依然として撤回されていない。
二〇〇五年度まで軍の強制記述が認められてきたにもかかわらず、
〇六年度用教科書にクレームがついたのは、安倍晋三政権の誕生と無
関係ではない。
安倍政権を取り巻く政治的空気に応える形で、教科書調査官が検定
意見の原案をまとめ、それが沖縄戦専門家のいない審議会で通ってし
まったのだ。
検定制度の透明性をどう確保していくか。これもまた、今回の問題
が提起した重要な課題であるが、具体的な改善策はまだまとまってい
ない。>

その間、福田政権から麻生政権に変わりました。また逆行の方向に変
わるのでしょうか?

また「沖縄戦の歴史歪曲を許さず、沖縄から平和教育をすすめる会」
事務局長の山口剛史琉球大准教授は、最近雑誌などに「(住民に対す
る)壕追い出しはいち早く住民を投降させるものだった」との趣旨の
論調が多くあることを批判しています。

「『投降』論、事実と違う 山口琉大准教授、都内で連続講座」(琉球新報、27日)

私はこのような「投降」論にお目にかかったことはありませんが、投
降した、あるいは投降しようとした住民を日本軍がスパイとして殺し
たという証言はいくつも読んだことがあります。

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1231-421a4636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。