スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガセネタと「男たちの大和」

海軍兵学校の出身で、戦時中は特殊潜航艇の艇長だった宗像基牧師
が、雑誌「バベル」3月号のの巻頭言で、「男たちの大和」について
書いておられます。元プロの眼から見ても、あの映像はずいぶんリ
アルのようです。

<映画「男たちの大和」を観た。まず率直になつかしかった。「そう
ではない」と思うところもあったが、総体的に言って、あの映像はガ
セではない。大和があのような無茶な出撃をしたのは、天皇が「海軍
はどうしているんだ」と言ったことがきっかけらしい。それを聞いて
「あの巨大な兵器が無傷のままで負けたのでは陛下に申し訳ない」と
考えて、沈没を覚悟で出撃したのだという。既に「大本営発表」のガ
セで、天皇の言葉には何の権威もなくなっていることに軍令部の連中
は気付かない。いやそのガセに飛びつくことで、自分たちの責任逃れ
をし、無数の兵隊を殺しながら上層部の安全を計っていたのだ。これ
が日本の特攻隊の構造である。私もその中に組み込まれ、私の仲間の
多くは「朕は命令した覚えはない」と白を切るその天皇のガセに踊ら
されて死んだのだ。>

ガセネタ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/121-18ab29d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。