スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生太郎氏と靖国神社

福田首相の「投げ出し」退陣で、後継者として麻生太郎自民党幹事
長の名が大きクローズアップされています。

麻生氏がどういう歴史観、靖国観を持っているかは、過去このブロ
グでたびたび採りあげてきましたが、このさい靖国観についてもう一
度レビューしたいと思います。

ちょうど1年前、福田氏と総裁選挙を争ったさい、二人は靖国神社に
ついてそれぞれ意見を述べています。

自民党総裁候補の靖国観」

この記事にありますように、麻生氏は靖国神社を実質国営化すべき
という私案を、自分のオフィシャルサイトの「靖国に弥栄(いやさか)あれ
で提言しています。

かつて自民党は、同じような靖国神社国営化の法案を何度も国会に提
案しましたが、つど廃案になりました。この麻生氏の提案に対しても、
産経新聞が主張 ( 社説 ) で真っ先に反対するなど、靖国神社はじめ
靖国派の強い反対があります。たとえ麻生氏が首相になっても、やは
り画に描いた餅と言わざるを得ません。

「【主張】靖国麻生私案 神社ではなくなる懸念も」(産経、06年8
月9日)」

また麻生氏は外相時代の国会答弁で、靖国参拝の理由を説明するため、
ビッテル神父の文章を読み上げたことがあります。しかしビッテル神
父は「信仰の自由」を理由に、GHQの靖国神社焼却案に反対したの
です。麻生私案はまさに「信仰の自由」をないがしろにするもので、
彼が信奉するビッテル神父の思想にも反するものといえましょう。

麻生外相とビッテル神父

われわれ軍国少年OBが見ると、まるで戦争中にタイムスリップした
かのような遊就館の展示についても、麻生氏はかつて「戦争を美化す
る感じではなく、当時をありのままに伝えているだけ。当時はそうだっ
たと事実を述べているにすぎない」と語りました。

「『遊就館は戦争美化でない』麻生外相

何の反省も批判もなく、当時の事実や大日本帝国の主義主張を述べて
いるのは、やはり戦争の美化、正当化というべきでしょう。

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1206-5e304e86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。