スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある元戦犯と“アジア解放”

24日に NHK 教育テレビで放映されました 「BC級戦犯(2)“罪”
に向きあう時」の録画を観ました。番組には、先に「『地獄の日本兵』
を読んで 」
でご紹介しました「地獄の日本兵 ニューギニア戦線の真
相」という本を書いた飯田進氏が出演されていました。

飯田氏は若い頃吉田松陰に心酔し、アジア解放に一生を捧げようと、
インドネシア語と剣道を学びました。そして1943年志願して海軍民政
府職員となり、ニューギニアへ赴任しました。

彼が戦犯の罪に問われたのは、敵軍のスパイと疑われた原住民の男性
を、上官の命令で処刑したからです。最初はもっとも年次の若い朝鮮
半島出身の兵士が銃剣で刺殺を命じられたのですが、彼が緊張してう
まく突けなくて男性が苦しむのを見て、軍刀で止めを刺したのだそう
です。

またある時、調達した食糧を運ばせるため、女性と子供を「自分は住
民のための民政府の職員だから、命は絶対に保証する」と言って連れ
てきたことがあります。ところが軍の上官は、自分たちの居場所が通
報されるからという理由で、飯田氏の反対を押し切って、その婦女子
も処刑していまいました。

これについて飯田氏はテレビで次のように語っていました。

「戦争は殺すか、殺されるか、ですから、敵に加担した者や通じた者
は殺されても止むを得ないと思っていました。しかし罪のない女性や
子供まで巻き添えにするなんて、人間としてとても許せませんでした。

その時から、この戦争に疑問を持つようになりました。アジア解放な
んて何だったろう」

「大東亜戦争はアジア解放のためだった」などとノーテンキに言う若
者たちに、あの飯田さんの苦悩に満ちた言葉を聞かしてやりたいと感
じました。

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1198-99919c08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。