スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「終戦の日」の新聞コラムから

今日の各紙のコラムもやはりほとんどが戦争関連の内容です。全国紙
はなぜか一様に先日公開された東条メモから東条元首相を批判してい
ます。地方紙は多彩なテーマです。

朝日の「天声人語」は元中尉の戦記と東条元首相のメモを比較してい
ます。
http://www.asahi.com/paper/column.html

読売の「編集手帳」は特攻隊員が子供に残した手紙を引用しつつ、東
条元首相を批判しています。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/column1/news/20080814-OYT1T01002.htm

毎日の「余録」も「東条メモ」を批判し、次のように書いています。
<戦記作家の伊藤桂一さんは、元首相が陸相当時に示達した戦陣訓を
陸軍の一兵卒として一読し、すぐ破り捨てたそうだ。辛酸と出血を重
ねる戦場の兵に何の同情も理解もなく、高みから督戦するだけの文章
に感じたのは「羞恥(しゅうち)」だという>
http://mainichi.jp/select/opinion/yoroku/news/20080815k0000m070147000c.html

産経の「産経抄」も戦争体験を集めた『孫たちへの証言』を紹介し、
次のように書いています。
<63年前の8月13日に、戦争に負けたのは、「国政指導者及国民
の無気魂」のせいだ、と書き残していた東条英機元首相にも、読ませ
たかった。>
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080815/acd0808150313002-n1.htm

東京の「筆洗」は、日中戦争時の漢口陥落を祝うちょうちん行列を例
に引き、<人々の熱狂と、戦争の拡大は無縁ではない。>と書いてい
ます。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2008081502000135.html

北海道の「卓上四季」は、軍部に「献納」を求められたり、「徴用」
された動物について書いています。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/

河北新報の「河北春秋」のテーマは映画「火垂(ほた)るの墓」です。
http://www.kahoku.co.jp/column/syunju/20080815_01.htm

福島民友の「編集日記」は古河好間炭砿に設けられた捕虜収容所にま
つわる話です。
http://www.minyu-net.com/shasetsu/nikki/0815n.html

新潟日報の「日報抄」は映画「靖国」とナショナリズムについて書い
ています。
http://www.niigata-nippo.co.jp/nipposho/index.asp#1

福井の「越山若水」は川柳です。
<「ヒロシマの水(み)漬(づ)く屍(かばね)となった川」>
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news5/index.php

山陰中央日報の「明窓」
<身の回りから戦争の跡が消えていく。体験を伝える人も少なくなる。
聴いて、見て、伝える-。今のうちにしておかねば。>
http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/article.php?storyid=505489034&from=top

高知の「小社会」
<そこから浮かび上がってくるのは、内向きの「終戦の日」だけでは
とらえきれない歴史の重さだろう。日中戦争以降の日本人の戦没者は
約三百十万人に上るが、一方で中国や朝鮮、フィリピンなどアジア各
国の戦没者は合わせて一千九百万人以上とされる。 >
http://203.139.202.230/?&nwSrl=230685&nwIW=1&nwVt=knd

西日本の「春秋」は、野城市の元西日本新聞記者、坂井美彦さんと妻
で児童文学作家のひろ子さんの共著「筑紫れくいえむ」を紹介してい
ます。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/41275?c=182

佐賀の「有明抄」はあの日の“号泣”について書いています。
http://www.saga-s.co.jp/ariakesyou.html

熊本日日の「新生面」のタイトルは「五輪と平和」です。
http://kumanichi.com/sinseimen/200808/20080815001.shtml

 

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1174-5f1815d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。