スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ナガサキ原爆の日」の新聞社説・コラム

今日の「ナガサキ原爆の日」は、各紙がいっせいに社説で原爆を採り
あげた6日と違い、原爆をテーマにしたのは地元紙だけでした。しか
しコラムではいくつかの地方紙が採りあげています。以下ご紹介しま
す。


「『平和は長崎から』を新たに 原爆の日 永井博士の遺言」(西日
本)
<  まず日本が非核3原則の法制化を実現し、北東アジア非核地帯化
に取り組まねばならない。長崎平和宣言文の起草委員会の総意でもあ
る。>
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/39959?c=181

「長崎原爆の日  希望の灯をともし続けよう」(長崎)
<  高校生たちが、被爆者の思いを、被爆者に代わって、世界に、未
来に伝える活動に立ち上がってくれた。高齢化した被爆者にとって、
これほどの喜びはない。>
http://www.nagasaki-np.co.jp/press/ronsetu/08/074.shtml

 
「卓上四季:最後の被爆都市」(北海道)
<「多くの国が核兵器を持つようになればどうなるか。中には不安定
な国もある」。四十五年前、ケネディ米大統領は核兵器拡散の危険性
を訴えた▼ブッシュ政権与党・共和党の大統領候補となるマケイン氏
が、演説でこれを引用しながら語った。「ケネディ氏の警告は今日、
かつてなく共感を得ている」「拡散の危険をなくす希望ある選択肢は、
核兵器の削減だ」>
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/

「河北春秋」(河北新報)
<  原爆稲をご存じだろうか。被爆直後に長崎で採取された稲の子孫
のことだ。何度栽培しても稲穂の半分ほども実らない半不稔(ふねん)
が、この稲の特色という>
http://www.kahoku.co.jp/column/syunju/20080809_01.htm

「正平調」(神戸)
<永井隆博士。あなたが自ら被爆しながら医師として救護活動に取り
組んだあの夏から六十三年が過ぎました。長崎市の田上富久市長はき
ょうの平和祈念式典で「戦争に勝ちも負けもない。あるのは滅びだけ
である」という博士の言葉を盛り込んだ平和宣言文を読み上げるそう
です>
http://www.kobe-np.co.jp/seihei/0001315795.shtml

「明窓 :  ナガサキ」(山陰中央日報)
<「その日、昭和二十年八月九日午前十一時二分!/ギギギギン長く
尾をひいた金属性の音/ハッと友と見合った瞬間/窓ガラスに強烈な
白閃!」▼この詩句は、反原爆詩人で知られる福田須磨子(一九二二
-七四)の詩集「原子野」にある「忌まわしき思いでの日に」の導入
部分である。>
http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/article.php?storyid=505310034&from=top

「春秋:8月9日の長崎発『平和宣言』は」(西日本)
<冷戦下で国務長官を務めたキッシンジャー氏らが、冷戦時代の全面 
核戦争を想定した時代遅れの計画を捨てることが「核なき世界」への
第一歩と提案した。そこからも引用しつつ田上富久長崎市長は平和宣
言を読み上げる。核廃絶への決意を道標付きで発信する。>
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/40004?c=182

「水や雲:何を祈り決意する」(長崎)
< 「一発あたると何万人もがペチャンコにやられるところの、…想
像もされないような大威力のものができねばなりません」。満州事変
にもかかわった元陸軍軍人石原莞爾が、太平洋戦争前の1940年に
著した『世界最終戦論』の一部だ>
http://www.nagasaki-np.co.jp/press/mizusora/top.html

「有明抄」(佐賀)
<しかし、63年前のきょう、この大聖堂は一発の原爆で一瞬にして
破壊され、多くの信徒も犠牲となった。無残なそのがれきの中から掘
り出された一個の鐘。フランス製の「アンジェラスの鐘」である。生
き残った教徒たちは苦しい生活の中で天主堂を再建。この「アンジェ
ラスの鐘」をまた鳴らしたのである。>
http://www.saga-s.co.jp/ariakesyou.html

 

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1156-f22c3b91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。