スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地獄の日本兵」を読んで

飯田進著「地獄の日本兵 ニューギニア戦線の真相」(新潮新書、08
年7月)という本を読みました。

著者の飯田進氏は1923年生まれで、1943年志願して海軍民政府職員と
なり、資源調査隊員としてニューギニアに赴任。激戦の地で無事生き
延びて終戦を迎えましたが、戦犯として重労働20年の刑に服しました。

この本はそうした飯田氏のちょっと変わった体験を綴ったものと思っ
て買ったのですが、自分自身の体験の記述はごく一部で、ニューギニ
ア戦線で戦った多くの軍人の体験記等からの引用が主体となっていま
す。

そしてこの本で著者が言いたかったのは、<太平洋戦争中の戦死者で
もっとも多い死者は、敵と撃ち合って死んだ兵士でなく、日本から遠
く離れた戦地で置き去りにされ、飢え死にするしかなかった兵士たち
なのです>ということです。

そこに描かれているのは、蝶々や蜘蛛はいうに及ばず人肉までも口に
する飢え、果てには味方同士の間での強盗、殺人、まさに餓鬼道の世
界です。

こうしたことは何もニューギニアだけでなく、インパールその他各地
の戦場で実際に起こったことです。あの戦争を正当化したり、戦死者
を英霊として美化したりする向きがありますが、これが兵士を使い捨
てにした大日本帝国の戦争の実態だったのです。

最後に終章の一部を引用しておきます。

<しかし次のことだけは、お伝えしておきたいと思います。
戦後、とりわけバブル景気華やかだったころ、数多くの戦友会によ
って頻繁に行われた慰霊祭の祭文に、不思議に共通していた言葉があ
りました。
「あなた方の尊い犠牲の上に、今日の経済的繁栄があります。どうか
安らかにお眠りください」

飢え死にした兵士たちのどこに、経済的繁栄を築く要困があったの
でしょうか。怒り狂った死者たちの叫び声が、聞こえて来るようです。
そんな理申付けは、生き残った者を慰める役割を果たしても、反省へ
はつながりません。逆に正当化に資するだけです。実際、そうなって
しまいました。>

地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相―」


スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1149-972b0384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。