スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「火垂るの墓」映画化、来月公開

戦争の悲惨さを描き、アニメ映画で反響を呼んだ、野坂昭如氏の自伝
的小説「火垂(ほた)るの墓」が実写映画化され、来月から東京で先
行ロードショーが行われます。

映画『火垂るの墓 - ほたるのはか - 』公式ホームページ

この映画は当初、「美しい夏キリシマ」「TOMORROW/明日」
「父と暮せば」の戦争レクイエム3部作などで知られる黒木和雄氏が
メガホンを取ることになっていましたが、惜しくも急逝されたため、
弟子の日向寺太郎氏が後を継いで監督を務めました。

日向寺氏は「戦争を体験していない自分が描くのは不遜」と思い、一
度は断りましたが、文芸評論家の加藤典洋氏の文章を読んで、<どう
伝えるか、ではなく、どう「受けとる」かを表現する。>という答え
を見つけ、監督を引き受けたと、今日の神戸新聞のコラム「正平調
は伝えています。

<戦争体験を再現するのではなく、表現した映画。それゆえ、清太と
節子の兄妹は、今の時代をも生きている。>

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1093-2c4322a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。