スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊機派遣の見送りについて

昨日の時事通信は次のように報じています。

< 自民党の伊吹文明幹事長は30日午前の記者会見で、四川大地震の
被災者支援で政府が中国への自衛隊機派遣を見送ったことに関し、
「(派遣検討の)話を聞いた時直感的に、自衛隊機が(旧日本軍が爆
撃した)重慶のそばまで飛んでいけるようであれば、日中関係はもう
少し楽な状態で動いていたのではないかという印象を受けた」と述べ、
自衛隊機を派遣できるほど日中関係は成熟していないとの認識を示し
た。>
日中関係、なお未成熟=伊吹自民幹事長

この談話で気になったのは、「重慶のそば」という表現です。これは
明らかに成都のことを言っていると思いますが、昨日も説明しました
ように成都も重慶と同じく旧日本軍の爆撃を受けているのです。

なぜはっきりと「旧日本軍が爆撃した成都」と言わないのでしょう。
どうも伊吹幹事長はそういう歴史的な事実を知らないのではないかと
思えます。

もう一つ引っかかったのは「日中関係は成熟していない」という言葉
です。上記のサイトには、<評論するより、成熟させろよ。>という
コメントも書かれていますが、自民党の有力幹部の中には「支那事変
は侵略戦争でなかった」という“靖国史観”の信奉者もいて、それが
日中関係の成熟を大きく妨げているのです。

この「成熟」という言葉は今日の読売新聞の社説でも使われています。

< 派遣が実現すれば、日中両国が先の戦争の苦い記憶を乗り越え、
成熟した関係を構築するうえで、歴史的な一歩になる。日本側には、
そんな期待が広がった。>
「空自機中国派遣 見送られた歴史的な一歩

また今日の産経新聞の主張(社説)も、この問題について次のように
書いています。

< 感情的な反発に走るだけでは両国間に真に建設的な関係を構築す
ることはかなわない。中国側には国内政治への思惑もあったのだろう
が、自衛隊を受け入れることで過去のわだかまりを払拭(ふっしょく)
する好機にしてほしかった。>
自衛隊機派遣 日中の問題点克服しよう

両紙とも今回の自衛隊機派遣見送りは中国の国内の「反日世論」のせ
いであるとし、まことに遺憾としているようです。しかしどうも被災
者に毛布やテントなどを送り届けるという本来の目的より、自衛隊を
中国に飛ばして、中国側に自衛隊の海外派兵のアレルギーをなくさせ
ることのほうに関心があると思われてなりません。


スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1083-3adf5cce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。