スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調布の不発弾処理、B29撃墜の目撃談

昨日東京・調布市で、住民およそ1万6千人に退去命令が出されるとい
う大掛かりな不発弾処理が行われましたが、この不発弾は1945年4月7
日に東京に襲来した米軍の爆撃機・ B29に、日本の戦闘機・飛燕が体
当たり攻撃した際、落下したものとみられています。

当時中学生であった岡田敬造さん(77)は、勤労動員に向かう途中そ
の瞬間を目撃し、日記帳にスケッチしていました。昨日の FNN ニュ
ースで岡田さんがそのときの様子を語っていますので、そのビデオを
ご覧ください。

東京・調布市の不発弾処理終了 当時、米軍機撃墜の瞬間を目撃し
た男性がその様子を語る


なおこの飛燕を操縦して B29に体当たりし、落下傘で生還した古波津
里英少尉(当時)は、06年 10月、87歳で逝去されました。 B29撃墜
時、主翼の落下で防空壕に避難していた住民8名が犠牲になりました
が、古波津氏はそのことに責任を感じ、戦後何度も墓参を希望したも
のの、ことごとく遺族に拒否されたとのことです。

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1075-1c99bbb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。