スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗戦の日の黒澤明

今は亡き映画監督の黒澤明は、自伝の中で終戦の玉音放送を聞いた時
のことを書いていますが、あるブログでそのを部分が引用されていま
したので、ご紹介します。

< 黒澤明は『蝦蟇の油―自伝のようなもの』という自伝のなかで4
5年8月15日の記憶を次のように書いている。当日、黒澤は玉音放
送を聞くために撮影所へ呼び出されていた。

▼往路、祖師谷から砧の撮影所へ行く商店街の様子は、まさに一億玉
砕を覚悟した、あわただしい気配で、日本刀を持ち出し、その鞘を
払って、抜身の刃をじっと眺めている商家の主人もいた。詔書が終
戦の宣言である、と予想していた私は、この有様を見て、日本はど
うなる事かと思った。しかし撮影所で終戦の詔勅を聞いて、家へ帰
るその道は、まるで空気が一変し、商店街の人々は祭りの前日のよ
うに、浮々とした表情で立ち働いていた。これは、日本人の性格の
柔軟性なのか、それとも虚弱性なのか。私は、少なくとも、日本人
の性格には、この両面がある、と考えざるを得なかった。この両面
は、私自身の中にもある。もし、終戦の詔勅がなく、いや、あれが
一億玉砕を呼びかけるものだったら、あの祖師谷の道にいた人達は、
それに従って死んだろう。そして、おそらく、私もそうしたであろ
う。>
黒澤明全作品30作の放映(9) 『虎の尾を踏む男達』」


スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1072-513a7811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。