スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「靖国」映画評(毎日新聞)

今日の毎日新聞のコラム「記者の目」に映画記者による「靖国」の映
画評が掲載されています。

毎日映画コンクールでの選考に当たった記者は、「労作だが欠点も多
いというのが率直な感想だ。(中略)反日的というほど激しい主張も
なかった。こんな事態にならなければ、大きく取りざたされることは
なかっただろう」と書いています。

そして稲田朋美議員に対しては「後に『公開中止は遺憾』とコメント
しているが、それが本音なら、国会議員の影響力に無自覚すぎた」、
また有村治子議員には「刀匠が出演場面の削除を求めていると訴えて
いる。しかし、それは監督と当人の間の問題だ。助成の是非とも一線
を引くべきで、政治が口をはさむ筋合いではない」、また靖国神社に
は「作品の内容は表現者の物だ」と批判しています。

< しかし私は、映画界のしぶとさに期待している。作品を酷評され
ても、無視よりはマシとうそぶく業界だ。根底には反骨精神がある。
「靖国」は今、最も注目を集める作品になった。したたかに、逆境を
好機に転じればいい。関係者への配慮は欠かせないにしても、何とか
監督の思い通りの形で公開してほしい。映画がヒットすればこの空気
も吹き飛ぶだろう。そしてどんな形であれ関心をもった人は、映画館
に足を運ぼう。議論と批判はそれからだ。>
記者の目:映画『靖国』=勝田 友巳(学芸部)」


スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1048-52d73332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。