スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドネシアの歴史教科書

「大東亜戦争はアジア解放のためだった」とか「日本が戦ったおかげ
で東南アジアの諸国が独立できた」と主張する人たちがいます。

それでは東南アジア諸国の歴史教科書が太平洋戦争や自国の独立をど
のように書いているかについて、かつて話題になったことがありまし
たが、このほどインドネシアの歴史教科書の日本語訳を掲載している
サイト教えていただきましたので、ご紹介します。

高校歴史教科書「日本軍占領時代」
中学社会科教科書「独立準備の過程」
 
高校教科書のほうは、日本の占領統治時代についてかなり詳しく書い
ており、日本軍による占領政策が、後のインドネシア独立に与えたイ
ンパクトを認めつつも、「日本による占領時代は、インドネシア史
上最悪の時代であった」と批判しています。

以下同書の書き出しと結びの部分をご紹介します。

<1942年の1月・2月、日本軍はインドネシアへ侵攻した。スマトラと
カリマンタンの石油生産地域は第一の目標とされた。なぜなら、それ
は侵略を継続するための重要な天然資源であったからだ。>

<日本占領時代に、インドネシア民族はオランダ植民地時代をうわま
わる非常に重い圧政を経験した。天然資源及び人的資源は大東亜戦争
遂行のために搾取・利用された。また他には、日本軍政府による厳し
い対応が、いくつかの地域で反抗・反乱を引き起こした。しかし、そ
れらレジスタンスは短時間のうちに鎮圧されてしまった。

しかしそれでもなお、インドネシア民族は独立達成のための基礎とな
りうる幾つかの利点を手に入れていた。インドネシア青年・青年婦人
に対し広範囲に実施された軍事訓練は、インドネシア国軍及び戦闘組
織の萌芽となった。また、重要な役職についた国民的指導者たちは、
インドネシア民族自身に対する自信を、つまり独立の際には自らが国
家を運営することが出来るという気持ちを芽生えさせた。>

なおこのサイトを「戦争を語り継ごう -リンク集-」に掲載しまし
た。

スポンサーサイト

トラックバック

http://nishiha.blog43.fc2.com/tb.php/1008-5551c876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。