スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シベリア抑留後の残留者、一時帰国

戦後、シベリア抑留を経てカザフスタンに残留した阿彦哲郎さん (78)
がこのほど一時帰国し、石狩市に住む弟や同じカザフでの元抑留者ら
と再会すると、6日の朝日新聞北海道版が報じています。

阿彦さんは、戦時中サハリンに在住、学徒動員で機械工場で働いたが、
終戦後、15歳でシベリアに強制連行され、強制労働をさせられたとの
ことです。

< ソ連崩壊や、その後の独立を機に街並みはすっかり変わり、「強
制労働で死んだ日本人の墓地もたくさんあったが、開発で次々と無く
なってしまった」という。今は近郊に「日本人埋葬碑」が一つあるだ
け。日本からお参りに来る遺族は今も絶えず、阿彦さんは埋葬碑に案
内するが「一人ひとりの墓がなく、遺族がかわいそう」と嘆く。>

カザフ残留の男性、一時帰国し来道

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。