スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本海軍 400時間の証言」を視て(醍醐聡)

先日放送されました NHK スペシャル「日本海軍 400時間の証言」を
観ての感想を、醍醐聡・東大大学院教授が自分のブログに書いていま
す。

< 「軍隊は国民を守らない」という言葉をしばしば耳にする。しか
し、それでもなお、日本の保守政権は国民のいのちと安全を守るため
と称して防衛力強化を掲げ、「テロと戦う」アメリカへの軍事面での
支援にまでのめりこもうとしてきた。では、その軍事力が本当に守ろ
うとするものは何なのか、軍事力の行使を発案した人間は常に安全地
帯に身を置いて実働部隊を指揮すること、彼らは「戦後」の責任追及
から生き延びる知恵にはたけていることを、知っておくことは無駄で
はない。>
NHK スペシャル『日本海軍 400時間の証言』を視て考えたこと

スポンサーサイト

戦争遺留品(F052)、ご遺族へ返還

拙サイト「旧日本軍人の遺留品」に F052として掲載されています日
章旗が、先月アメリカの保管者からご遺族に返還されました。この旗
は06年7月に、アメリカの Eric Rigie さんから依頼されたものです。

元の持ち主は「岡田正勝」さん。寄せ書きには「日曹葡萄鉱山」と書
かれていましたので、日本曹達株式会社に照会しましたが、60年ほど
前に別会社になったので、資料が残っていないとのことでした。

そこで厚生労働省にも調査を依頼しましたが、旗には本名と違う「岡
田政勝」と書かれていたせいか、該当者不明で、それ以上手がかりが
ありませんでした。

ところが今年の6月ごろになって、「ミックン」という方からメール
があり、「日曹葡萄鉱山」は現在の新潟県村上市にあったので、地元
の新聞社や市役所に問い合わせしていただいたとのことでした。

そのうち村上市役所が調査に応じていただき、岡田さんは現村上市の
ご出身で戦死されましたが、ご遺族が地元におられるということが判
明し、返還に到ったものです。

このようにまったく見ず知らずの方のご協力と村上市役所のご担当の
方のご好意で、ご遺品を無事故郷へお返しできたことは、まことにあ
りがたいことと喜んでいます。

今後とも皆さんのご協力をお願いします。

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。