スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争遺留品(F052)、ご遺族へ返還

拙サイト「旧日本軍人の遺留品」に F052として掲載されています日
章旗が、先月アメリカの保管者からご遺族に返還されました。この旗
は06年7月に、アメリカの Eric Rigie さんから依頼されたものです。

元の持ち主は「岡田正勝」さん。寄せ書きには「日曹葡萄鉱山」と書
かれていましたので、日本曹達株式会社に照会しましたが、60年ほど
前に別会社になったので、資料が残っていないとのことでした。

そこで厚生労働省にも調査を依頼しましたが、旗には本名と違う「岡
田政勝」と書かれていたせいか、該当者不明で、それ以上手がかりが
ありませんでした。

ところが今年の6月ごろになって、「ミックン」という方からメール
があり、「日曹葡萄鉱山」は現在の新潟県村上市にあったので、地元
の新聞社や市役所に問い合わせしていただいたとのことでした。

そのうち村上市役所が調査に応じていただき、岡田さんは現村上市の
ご出身で戦死されましたが、ご遺族が地元におられるということが判
明し、返還に到ったものです。

このようにまったく見ず知らずの方のご協力と村上市役所のご担当の
方のご好意で、ご遺品を無事故郷へお返しできたことは、まことにあ
りがたいことと喜んでいます。

今後とも皆さんのご協力をお願いします。

ノモンハンの戦場跡ルポ

ノモンハン事件から今年は70年になりますが、今日の JanJan にその
戦場跡をたずねたルポが掲載されています。

ノモンハン戦争70周年、草原の戦場跡を歩く

韓国・済州島の旧日本軍基地

今日の「リベラル21」には、 韓国・済州島の旧日本軍基地の見聞
記が掲載されています。

国際的なリゾート地として知られる同島には、戦時中本土決戦に備え
て、巨大な地下壕、特攻兵器「震洋」や「回天」の基地など設けられ、
全島が要塞化していたとのことです。

<▼日本軍は(略)中山間地域における遊撃戦を通して最後の一人ま
で戦い、死のうという発想だった。この遊撃戦には当然済州島民も参
加させられることとなっていた。1945年5月以後、当時の島民は
少年隊・少女隊・婦女隊・青年隊・壮年隊に分けられ、遊撃戦、空襲
避難訓練に動員された。済州島民を沖縄戦と同じ「玉砕作戦」に引き
ずり込み、死なせようという狂信的な計画だった。済州島は日本本土
を守るための犠牲と考えられたのだった。(略)もしも米軍が沖縄を
陥落した後九州北部に進出していたとしたら、済州においても激戦は
不可避であり、戦争があと数日長引いていたら済州島に原子爆弾が投
下されていたかもしれない。>
「戦争の傷跡はここにも ―済州島の旧日本軍基地を見る―」

鳩山政権の歴史認識

民主党の鳩山代表は4日、駐日中国大使、駐日韓国大使と相次いで会
談しましたが、両大使は鳩山氏の歴史認識を高く評価すると述べ、鳩
山氏も「歴史問題をしっかりと見つめる政権をつくりたい」と応じま
した。

中韓大使と会談の鳩山氏『歴史問題を見つめる政権をつくりたい』」(産経、5日)

今日の毎日新聞のコラム「発信箱」も次のように書いています。

< 民主党に歴史問題の進展を期待する声が高まっている。国立追悼
施設や原爆投下など問題は多々あり、対応も一通りでない。鳩山由紀
夫代表は「現政権との違いは、過去の歴史を直視する勇気があること
だ」と発言した。注目したい政権交代のポイントだ。>
発信箱:動くか歴史問題=岸俊光(学芸部)」

なお2日の韓国・中央日報での対談において、山口二郎・北海道大教
授は<歴史認識・民族主義の面で民主党は自民党に比べてはるかに常
識的だ。>とした上で、次のように語っています。

<自民党は選挙の最後にネガティブキャンペーンを始めた。民主党と
労組との関係、保守層を狙った愛国心キャンペーンなどだ。しかしこ
うしたネガティブ選挙は全く効果がなかった。地方農村地域には依然
として保守的な有権者がいたが、彼らが考える保守は労組批判や国家
主義のようなイデオロギー的なものではない。>
「『歴史認識、民主党は自民党に比べてはるかに常識的』(2)」

中国映画「南京!南京!」が視聴できるサイト

4月に中国で公開され、注目を浴びています、南京大虐殺を描いた中国映画「南京!南京!」が、下記の中国の動画サイトで視聴できます。ただし時間帯によってはつながりにくいようですので、もしスムースに映らない時は、時間を変えてみてください。

南京!南京!」

「南京!南京!」についての「人民網日本語版」の特設サイト
http://j.people.com.cn/94478/96695/6642806.html

広島平和記念式典に関する田母神発言批判

今日の JanJan に、先日の田母神前空幕長の広島平和記念式典に関す
る発言
を批判する記事が掲載されています。

< 8月6日に田母神氏が行った広島講演の演題は、「ヒロシマの平
和を疑う!」であったという。だが、私としては広島の知人などから
聞いたに過ぎぬ与太話を公の場で紹介する田母神氏の神経こそ疑わざ
るを得ない。 >
「『被爆者ほとんどいない』田母神発言とは何だったのか?」

なおこの発言は、衆院選における西村真悟氏(改革クラブ)と中山成
彬氏(無所属)の応援演説でなされたものですが、両候補はいずれも
落選しています。

民主党勝利を歓迎する韓国紙の社説

8月31日の韓国主要3紙の社説はいずれも、総選挙における民主党の大
勝を歓迎するとともに、新政権が長年の自民党の自閉的な歴史観を改
め、新しい「東アジア共同体」への道を開くよう期待感を表明してい
ます。

自民党54年独走に幕、衆院選と韓日関係」(朝鮮日報)
< 過去の自民党政権で韓日関係は「歴史問題の壁」を越えられなか
った。民主党はこの問題に対しても自民党政権とは異なる前向きな姿
勢で取り組むと公言している。民主党政権が掲げる「東アジア共同体
構想」や「アジア重視」を成功させるためには、隣り合うアジア各国
との不信を解消することが急務だ。民主党が歴史問題で日本がこれま
で繰り返してきた過ちを断つことができるか注目される。>

「『変化への渇望』が呼んだ半世紀ぶりの政権交代」( 東亜日報)
<次期首相として内閣を率いる鳩山代表は、外交政策でアジア
重視、特に韓日関係の重要性を力説している。鳩山氏は、首相の靖国
神社参拝に反対する考えも明らかにしている。日本のアジア侵略と植
民地支配を公式に謝罪した95年のいわゆる「村山談話」を踏襲する
という点も明確にしてきた。今年5月、民主党代表に選出された直後
に選択した海外訪問国は韓国だった。 >

東アジアの未来を変える8・30日本総選挙」(中央日報)
< 日本自民党体制の沒落は東アジア秩序に静かだが革命的変化を導
き出すことができる。韓日中東アジア関係がある水準を超えられずに
くるくる回っている核心要因は、自民党が自閉的な歴史観を持ってい
るからだ。アジア各国はこれまで過去の問題のため日本を警戒し、牽
制してきた。誤った過去を素直に認めない日本政府の態度はいつでも
同じ過ちを繰り返すものと映った。日本が75年から主要7カ国(G
7)首脳会議に入ったが、歴史教科書の歪曲、靖国神社参拝、植民地
支配美化発言、領土紛争は止まなかった。日本は経済的に頂上に上が
ったが、政治・倫理的に頂上の国ではなかった。二度、世界大戦を起
こしたドイツが真の謝罪と懺悔を通じて「ヨーロッパのリーダー」に
生まれかわったのとは違う道だった。自民党政権の自閉性は相対的に
アジア諸国を無視して市場開放に消極的な姿勢で現れた。>


追悼施設、調査費の予算計上見送り

鳩山政権の誕生で、かねてから議論されています新しい国立追悼施設
の建設がようやく現実味を帯びてきましたが、麻生内閣は31日、その
調査費について、来年度予算概算要求への計上を見送りました。

新しい国立追悼施設については、7年前に当時の福田康夫官房長官の
私的懇談会が必要と提言しましたが、その後自民党内や遺族会関係者
などに反対論が強く、これまで調査費が計上されたことはありません。

追悼施設、調査費見送り=政府」(時事、8月31日)

鳩山内閣による復活が期待されます。

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。