スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長浜で「女性と戦争展」が人気

滋賀県長浜市の浅井歴史民俗資料館で開催中の終戦記念展が好評で、
地元をはじめ遠方からも多くの人が足を運んでいると、今日の JanJan
が伝えています。

日中戦争から太平洋戦争へと戦域が拡大する中、国民が強いられた我
慢の日常生活、とくに家族を支えた女性のつらい日々の記録が展示さ
れているとのことです。

終戦日過ぎても『女性と戦争展』人気 小さな資料館は忙しい

スポンサーサイト

シベリア抑留死亡者追悼の集い

一昨日お知らせしました村山常雄さんのご活動を伝えるTVニュースは、
昨夜の「ニュース7」では他のニュースが多かったためか、放送されな
かったようです。

その際報道されるはずだった「第7回シベリア抑留死亡者追悼の集い」
についても、一般紙はほとんど報道していませんが、しんぶん赤旗の
みが伝えています。

この集いでは、全抑協会長の平塚光雄さんがあいさつ。今年3月、野党
5党などが参院に提出した「戦後強制抑留者特別措置法案」について
総選挙後の新国会ですみやかに成立するよう期待を述べました。元抑
留者らが心血を注いできたこの法案にも明るい光が見えてきたようです。

シベリア抑留者を追悼 新国会での法案成立に期待

終戦記念日の社説・コラム(続)

去る8月15日に、終戦記念日の各紙社説をご紹介しましたが、今日
の産経新聞はそのうち全国紙5紙の社説を比較しています。

「【社説検証】終戦記念日 国のかたち憂えた産経 朝日は今年も嫌
日路線

< 産経は、現下の国際情勢として具体的に、膨張し続ける中国の軍
事力に触れ、「中国海軍高官が米中で太平洋を東西に分割管理しよう
と提案したことが空想とはいえなくなる」と、日本の周辺環境の危う
さを指摘した。“次期政権”の目を開かせたいとの思いが伝わる。>
< (略)元日本兵の声の紹介にかなりの紙数を費やした朝日の社説
は、いうなれば“定番”であり、(略)戦争の残虐性や悲惨さを訴え
るのも大事なことには違いないが、それだけを強調しすぎると、日本
人に「嫌日感情」を植え付ける結果となり、日本の将来にとってけっ
してプラスとはならないだろう。>

例によって朝日が過去の日本兵の残虐行為などを強調し、自虐史観と
やから抜け出せないと批判し、一方産経は将来の国のかたちを憂いて
いるとしています。しかし終戦記念日は過去を反省し、その上に立っ
て将来を考える日ではないでしょうか ?

またこの記事はいつもながら、全国の販売部数の4割強を占めるブロ
ック紙・地方紙は対象としていません。しかしこれらブロック紙・地
方紙はほとんど全て朝日とほぼ同じような論調に立っていることを記
者も読者も認識すべきでしょう。

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。