スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい追悼施設に関する社説

鳩山民主党代表の発言以来、新しい国立追悼施設に関する議論がまた
再燃しています。この問題を採りあげた今日の各紙の社説をご紹介し
ます。

国立追悼施設 今度は議論途切らすな」(毎日)
< しかし、国民や外国の人々がわだかまりなく訪れ、追悼できる場
をどう作るかは、いずれ結論を出さなくてはならない問題だ。衆院選
の結果がどうあろうと、今の千鳥ケ淵戦没者墓苑の拡充案も含め、や
はり新たな追悼施設の検討を政界全体で再び始める時期ではないか。
今度は議論を途切らせないことだ。>

8月15日の靖国 代替施設では慰霊できぬ」(産経)
< 日本の戦没者慰霊の中心施設は靖国神社であり、鳩山氏らが構想
する国立追悼施設はそれを形骸(けいがい)化するものだからだ。>

追悼のあり方 静かな祈りの場を望む」(北海道)
< この8月、戦後の日本にふさわしい追悼のあり方をめぐる議論を、
一歩でも前に進めてほしい。>

産経は<日本の戦没者慰霊の中心施設は靖国神社>と書いていま
すが、これは正しくは「日本の靖国教信者の…」と書くべきでしょう。特
定の宗教法人が“国民全体”の追悼施設になるはずはありません。

先にご紹介しましたように、今日の産経紙で阿比留記者が<宗教性
がなく「魂」の存在しない追悼施設がどれだけ国民の心を慰め、誰が
喜んでそこに行くというのだろうか。>と書いていますが、彼は沖縄の
「平和の礎」に行ったことがあるのでしょうか? その前で涙を流す遺
族を見たことはないのでしょうか?

「平和の礎」には連日多くの人が訪れています。天皇や当時のクリン
トン米大統領も訪問しました。無宗教であるからこそ、国内外のすべ
ての人がわだかまりなく、追悼の意を捧げることができるのです。

また戦死者の「魂」は靖国でなく、故郷の墓に、あるいは戦没した地
や海に眠っていると信じる遺族も多いのです。そいう人たちも、新し
い追悼施設ができれば訪問されることでしょう。

スポンサーサイト

靖国参拝、国立追悼施設をめぐる各紙記事

靖国参拝、国立追悼施設をめぐる今朝の各紙記事をご紹介します。

「鳩山・民主代表:東アジア共同体構想、「脱靖国」図る--国立追
悼施設検討
」(毎日)
< 首相就任後は靖国神社に参拝しない考えを示す民主党の鳩山由紀
夫代表が、新たな国立追悼施設の設置を検討する方針を打ち出してい
る。靖国参拝でナショナリズムを高揚させて保守層の支持を得ようと
することもあった自民党政権から、「脱ナショナリズム」への転換を
目指す鳩山氏の「東アジア共同体構想」が鮮明になった形だ。>

靖国参拝の憲法解釈を削除、民主政策集 政権交代にらみ」(朝日)
< 首相の靖国神社参拝に反対する民主党が、その理由に掲げてきた
「憲法の政教分離原則への抵触」を、鳩山代表ら執行部の判断で09
年版政策集から削除していたことがわかった。>

古くて新しい追悼施設構想 『鎮魂を風化させるのか』」(産経)
< とはいえ、宗教性がなく「魂」の存在しない追悼施設がどれだけ
国民の心を慰め、誰が喜んでそこに行くというのだろうか。>

海軍兵学校のフクロウ

今日に日経新聞のコラム「春秋」は、的確な判断力がないため無謀な
戦争に突入したと、兵学校出身の海軍軍人を批判しています。筆者も
NHK番組「日本海軍 400時間の証言」を観たのでしょうか。

<▼そんな恵まれた教育で鍛えられた人材が軍の要職を占めていたに
もかかわらず、無謀な戦争に突入した。フクロウが象徴する知性とは
知識が豊かなだけでなく、的確に判断する力も含まれるはずだ。講堂
の彫刻もさぞ無念だったのではないか。リーダーが情報や組織を掌握
できないときの怖さを今更ながら感じる。>
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20090815AS1K1500115082009.html

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。