スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「広島原爆の日」の各紙コラム

今日は「広島原爆の日」、新聞各紙の社説はいっせいに核廃絶を訴え
る社説を掲載していますが、各コラムでもそれぞれ特色ある記事を掲
載していますので、ご紹介します。

「天声人語」(朝日)
http://www.asahi.com/paper/column.html

「編集手帳」(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/column1/news/20090805-OYT1T01079.htm

「記者の目」(毎日)
http://mainichi.jp/select/opinion/eye/news/20090806k0000m070123000c.html

「春秋」(日経)
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20090805AS1K0500305082009.html

「from Editor」(産経)
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090806/sty0908060736000-n1.htm

「中日春秋」(中日)
http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2009080602000041.html

「卓上四季」(北海道)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/

「あぶくま抄」(福島民報)
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4127&mode=0&classId=&blockId=3693968&newsMode=article

「照明灯」(神奈川)
http://www.kanaloco.jp/lamp/entry/entryivjaug09085/

「越山若水」(福井)
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news5/index.php

「正平調」(神戸)
http://www.kobe-np.co.jp/seihei/0002204247.shtml

「滴一滴」(山陽新聞)
http://www.sanyo.oni.co.jp/column/teki.html

「天風録」(中国)
http://www.chugoku-np.co.jp/Tenpu/Te200908060223.html

「明窓」(山陰中央新報)
http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/article.php?storyid=514048034
 
「小社会」(高知)
http://203.139.202.230/?&nwSrl=246922&nwIW=1&nwVt=knd

「春秋」(西日本)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/113657

「水や空」(長崎)
http://www.nagasaki-np.co.jp/press/mizusora/top.html

「大弦小弦」(沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/news/2009-08-06-M_1-001-1_002.html?PSID=7b56efe7a03266b452ef6bd50b64e2f4

スポンサーサイト

兵士は靖国神社に祭られることを望んだのか?

元中支派遣陸軍特務機関員の中谷孝氏が「日刊ベリタ」に連載中のシ
リーズ「戦争を知らない世代へ」、今回は靖国神社について次のよう
に書いています。

< 明治政府は軍隊の創設と共に兵士に天皇の軍隊であると云う自覚
を徹底的に教育し、天皇の名に於いて軍人勅諭を発布して、戦場で死
ぬことが最高の忠義であり名誉であると教育した。又、戦場で死を恐
れず勇敢に戦わせる為に靖国神話を宣伝し、国民を聖戦に駆り立てた。
然し、靖国神社に戦死者を祭り、天皇が部下の霊を拝むという規定の
起案に参画した明治の元勲の多くが無神論者であったと伝えられてい
る。>
「“名誉の戦死”の悲惨な実態 兵士は靖国神社に祭られることを望
んだのか?」


新たな戦争遺留品(F104)

F104
アメリカの Cody Hawkins という方から、戦争遺留品である日章旗の
返還希望がありました。海軍軍人だった祖父の叔父がアリューシャン
列島の戦闘から持ち帰ったものと思われるとのことです。

残念ながら元の持ち主の氏名は旗に書かれていませんが、山路俊一、
渡邊芳雄、吉武房江、岩崎(吉夫、幸太郎)、野村松義、太田道春、
喜庄数一などの署名あり、また阿波健児、高知県人、広島県人、福岡
県人、大分県、熊本県人との書き込みがあります。その他「広島市鍛
冶屋町二二ノ二 川本旅館一同」とも書かれています。

拙サイト「旧日本軍人の遺留品」の「日章旗 (F101~ ) 」のページ
に、F104として掲載しましたので、ご覧の上、何か手がかりになる
ような情報がありましたら、ぜひお知らせください。

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。