スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「銀の鈴」上映会のお知らせ

学童疎開船・対馬丸の撃沈事件を題材にした映画「銀の鈴」がようやく
完成し、次のように試写会が行われます。お近くの方は、ぜひお出かけ
ください。

5/24(日)
◇桜坂劇場
(沖縄県那覇市牧志3-6-10 TEL: 098-860-9555 )
開場:13:00
開演:13:30
料金:1,300円(入場料1,000円+ドリンク代300円)

◇あやかりの杜
(沖縄県北中城村喜舎場1214番地 TEL: 098-983-8060 )
開場18:00
開演18:30
料金:1,000円

○ 『銀の鈴』上映
○ 沖縄と本土の俳優による朗読劇

・舞台挨拶
  齋藤 勝
  吉岡みずき

・朗読劇
創作民話『赤毛のキジムナー』
<出演>
  朗読 天願綾子
  三線 伊波 勇
『隅田川』
  原作/観世元雅
  脚色・演出/古賀かつゆき
<出演>
  後藤小寿枝
  齋藤 勝
  杼麻司由

5/30(土),31(日)
◇聖トマス大学 本館H301号教室
(兵庫県尼崎市若王寺2丁目18-1 TEL: 06-6491-5000 )
前売:大人2,000円/小人1,500円
当日:大人2,500円/小人2,000円

◇内容
・ 対馬丸生存者の体験談
上原 清氏
・ 舞台挨拶
齋藤 勝(監督)   
今野哲治(渡瀬役)
中村梨那(アキコ役)
・ 『銀の鈴』主題曲演奏
熊野貴子(作曲・演奏)
・ 映画『銀の鈴』上映(83分)
脚本・監督:齋藤 勝

映画『銀の鈴』公式ホームページ

スポンサーサイト

平沼赳夫氏、首相に靖国参拝を要望

先に安倍晋三元首相が首相の靖国参拝を主張したことをご紹介しまし
たが、14日に平沼赳夫・日本会議国会議員懇談会会長が麻生首相と面
談した際、やはり靖国参拝を要望したと、今日の産経新聞が伝えてい
ます。

元会長だった麻生首相は「日本会議の精神はよく分かっている。しっ
かり承った」と答えたとのことです。

平沼氏が首相と会談 11月12日を臨時祝日に 靖国神社参拝も
要望


この面談ではまた「新教育基本法に基づいた道徳教育の強化」も要望
されたそうですが、面談に同席した中川昭一前財務相はご承知のよう
にローマの酔いどれ会見で世界に醜態をさらしたお人です。

また昨今、国内に恥をさらしている鴻池祥肇前官房副長官も靖国参拝
派ですが、自分のHPで道徳教育の必要性を強調しています。

道徳教育はまず自民党議員から始めるべきではないでしょうか?

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。