スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不戦時代におけるテロとの戦争

今日の産経新聞のコラム「正論」に、「新、戦争論」の著者・伊藤
憲一氏が「テロとの戦争」について書いています。

< 私は、1945年までの人類史を「戦争時代」と呼び、その後の
「冷戦時代(熱戦のない時代)」あるいは冷戦終焉(しゅうえん)後
の「不戦時代(戦争のない時代)」から区別すべきであると主張して
いる。くわしくは、拙著『新・戦争論』(新潮新書)を参照ありたい。
しかし、そこでいう「不戦時代」とは「平和な時代」という意味では
まったくない。「戦争に代わって紛争が世界の平和を脅かす時代」と
いう意味である。「戦争」がなくなり、「軍隊」の任務が「警察」化
する時代だとも言える。>
「【正論】日本国際フォーラム理事長・伊藤憲一 「テロとの戦争」
の何が誤りか


私もかねてから経済がグローバル化した今日、国家間の戦争は起こり
えない時代に入ったと主張してきました。しかし一方で経済のグロー
バル化は、国内外の格差を拡大、先鋭化し、テロや紛争を激化させる
という負の面も持っています。そういう意味で、上記の伊藤氏の考え
は「正論」と考えます。

伊藤氏はさらに、ブッシュ大統領はテロとの「紛争」をテロとの「戦
争」とまったく逆の判断をしてしまったと述べています。その結果イ
ラク戦争は失敗に終わりました。軍事力では抜きん出ているアメリカ
ですが、ベトナム戦争以降、その軍事力で真に勝利したことがあるで
しょうか?

オバマ政権の誕生で、やっとその非に気づいたのか、その外交政策の
スタンスを軍事力からスマートパワーにチェンジしようとしています。
世界の超軍事大国であるアメリカでも、軍事力では支配できない時代
です。

それなのに、田母神氏のようにいまだに19世紀的な「砲艦外交」を信
奉する人たちがいます。しかし21世紀の外交では、軍事力より経済力
のほうがずっとものをいうと思うのです。

なお伊藤氏は後段で、テロとの闘いは「全人類的な闘いとなるであろ
う」と言っていますが、この闘いもけっして武力だけでは完全に解決
できるものではないでしょう。

スポンサーサイト

村上春樹氏の反戦スピーチの原点

作家の村上春樹氏がエルサレム賞の授賞式の記念講演で、イスラエル
によるガザへの攻撃を批判したことは有名ですが、その中で次のように
語っているのはあまり知られてないようです。

< 私の父は昨年、90歳で亡くなりました。父は元教師で、時折、
僧侶をしていました。京都の大学院生だったとき、徴兵され、中国の
戦場に送られました。戦後に生まれた私は、父が朝食前に毎日、長く
深いお経を上げているのを見るのが日常でした。ある時、私は父にな
ぜそういったことをするのかを尋ねました。父の答えは、戦場に散っ
た人たちのために祈っているとのことでした。父は、敵であろうが味
方であろうが区別なく、「すべて」の戦死者のために祈っているとの
ことでした。父が仏壇の前で正座している輝くような後ろ姿を見たと
き、父の周りに死の影を感じたような気がしました。>

「【日本語全訳】村上春樹『エルサレム賞』受賞スピーチ」
http://www.47news.jp/47topics/e/93925.php

村上氏の「壁」でなく常に「卵」のサイドに立つというスタンスは、
父のこうした無言の教えが原点となっているのでしょう。まさに背中
で語る「戦争を語り継ごう」だと思います。

春樹氏の父上・村上千秋氏は、愚息の中学時代の教頭先生でしたので、
一度お目にかかったことがありますが、こういうエピソードは初めて
知り、改めて感動を受けました。

戦争が終わる日

今日の毎日新聞のコラム「発信箱」は、東京大空襲で重傷を負い、今
なお心と体の傷に苦しむ女性のことを採りあげています。

<(略)旧軍人・軍属には補償があり、なぜ民間人犠牲者は放置され
るのか。国に賠償や謝罪を求める訴訟の原告団に加わった。証言のた
め記憶をたどるうちにこみ上げてきたのは「戦後64年と言うけれど、
戦争は今も私を追いかけてくる」との思いだ。>

発信箱:戦争が終わる日

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。