スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ち抜く僕ら少国民

今日の産経新聞のコラム「正論」に、敗戦のとき国民学校3年生であ
ったという立命館大学教授の加地伸行氏が、久しぶりの同窓会で、当
時の唱歌を「勝ち抜く僕ら少国民、天皇陛下のおんために、死ねと教
えた父母(ちちはは)の…」と大合唱したとし、次のように書いてい
ます。

< それから茫々(ぼうぼう)60年余、この老骨、皇室への敬意は
変わらない。>


井上俊夫さんの遺作「詩集 八十六歳の戦争論」には、次のような一
節がありました。

当時の国民はみんな天皇の赤子だった
だから天皇のおんために死ぬのが当然とされていた。
それにしても老いも若きも見事なまでに
皇国史観と軍国主義に染め上げられていたものよ。

それも一朝一夕に染められたのではなく
梅干を作る際、青梅がじわじわと赤くなっていくように
幼い時から受けてきた天皇制教育により
徐々に、けれども確実に染められていったのだ。

だから戦争が終わって六十有余年にもなるこんにち
いまだに梅干のようなアタマを
後生大事に持っている人が大勢いる。

「梅干の壷を覗きながら」より
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。