スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京裁判、冷静な史料研究続々

今朝の朝日新聞は、東京裁判判決から60年経った今、一次史料を踏ま
えた冷静な研究も出てきたと、次のような著作を紹介しています。

日暮吉延「東京裁判」(講談社現代新書)
保阪正康「東京裁判の教訓」(みすず書房)
伊東隆編「笹川良一と東京裁判」(中央公論新社)
戸谷由麻「東京裁判」(みすず書房)
武田珂代子「東京裁判における通訳」(みすず書房)

BC級戦犯に関する本
内海愛子「キムはなぜ裁かれたか」(みすず書房)

東京裁判判決から60年 冷静な史料研究続々

スポンサーサイト

今、平和を語る:「無言館」館主・窪島誠一郎さん

毎日新聞大阪版夕刊に毎月連載されています「今、平和を語る」シリ
ーズ、今月は戦没画学生の画を展示する「無言館」の館主・窪島誠一
郎さんにインタビューしています。

<一点の絵を守ることは、愛と平和を守ることなのです。絵によって
戦争を防ぐことはできませんが、絵という存在を守ることによって、
人間は愛と平和の大切さを知るはずです。>          

今、平和を語る:戦没画学生慰霊美術館『無言館』館主・窪島誠一
郎さん


«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。