スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊と旧軍

昨16日の参院外交防衛委員会における井上哲士議員(共産党)の質問
によって、航空自衛隊第二術科学校の学校長らが、田母神空幕長(当
時)の方針を受け、A級戦犯を祀る「殉国七士廟」へ英霊を訪ねる研
修を進めようとしていることが明らかになりました。

空自浜松基地の新聞「遠州灘」に「英霊を訪ねて」という見出しで、
「空幕長の歴史教育重視の方針を受け…、学校長以下七名で現地偵察
を行いました」と報告し、今後、「使命教育」の一環として同地への
「現地研修」を予定していると書いてあるとのことです。

そして井上議員は、「田母神氏が主張した旧軍と自衛隊を連続したも
のととらえ、かつての侵略戦争を正当化する考えが自衛隊内に広く存
在しているのではないか」と指摘し、各基地におけるその例を挙げま
した。

その一例として、陸上自衛隊の久居駐屯地の司令が、旧軍から通算し
て創設百周年を迎えたとして、地元紙に「日露戦争、支那事変に参戦
し数々の戦果をあげ、精強部隊として名を轟かせました」「このよう
な輝かしい歴史と伝統をもつ久居自衛隊」とした文章を寄せているこ
とも判明しました。

同司令は、駐屯地内にある碑の「誠心」という言葉は「軍人勅諭…の
真髄を表すもの」であり、久居自衛隊員が「心のより所」としている
とも書いているとのことです。

この委員会における質疑のもようは、下記の参議院インターネット審
議中継のサイトで視聴することができます。

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/library/consider.php

12月16日→外交防衛委員会「参照」→井上哲士(日本共産党)の順に
クリックしてください。

スポンサーサイト

参院外防委、統幕学校を視察

参議院の外交防衛委員会に所属する17人の国会議員が昨16日、田母神
前航空幕僚長がかつて校長を務めていた統合幕僚学校を視察しました。

< 田母神前空幕長が学校長時代に新設された「歴史観・国家観」の
講座に、田母神氏と同様の認識を持つ講師が招かれていたことなどに
ついて質疑が行われ、現在の学校長が「一概に偏向しているとは言え
ない。効果的に教育できる人を選定している」と答える一方で、同席
した齋藤統合幕僚長は「どうみてもバランスに欠けている。講師の選
定はまとめて検討する」と述べるなど、ちぐはぐな場面もありました。


外防委の17議員、統幕学校を視察」(TBS、16日)

中国の放送局による村山元首相インタビュー

田母神論文に関連して、このところ「村山談話」が話題になっていま
すが、その談話の主・村山富市元首相がこのほど訪中し、中国の放送
局CRIのインタビューに答えました。その動画を下記で見ることが
できます。

率直に話し合い、協力して危機を乗り越える

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。