スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベル賞学者の戦争体験

今年のノーベル賞は、日本人4人が受賞してことのほか盛り上がりま
したね。その中でわれわれが注目したいのは、益川敏英さん(68)と
下村脩さん(80)のお二人が受賞に際し、自らの戦争体験を語り、世
界平和を訴えられたことです。

益川さんは記念講演で、幼稚園生の頃名古屋大空襲に遭い、自宅に焼
夷弾が落ちたが、それがたまたま不発弾だったため助かり、母親にリ
ヤカーに乗せられ、命からがら逃げ出した体験を語りました。またそ
の後の記者会見では「子供たちにはあんな思いをさせたくない」と目
を潤ませました。

そして帰国後、現地で折に触れて戦争体験や平和について話したこと
に「地位利用かもしれないが、平和について同じこと言っても、今ま
でより聞いてもらえるようになった」と語っています。

また中学生だった下村さんは、大阪から長崎県諫早市へ疎開、学徒動
員により軍需工場で働いている際、長崎原爆を体験しました。「建物
の中が明るい閃光でいっぱいになり、目がくらんだ。すぐにとてつも
ない爆発音が聞こえ、衝撃波を感じ、耳が痛くなった」

そして記念講演の冒頭に原爆で廃墟となった長崎の写真をスクリーン
に映し出し、その体験を語りながら、平和を訴えました。

かつてMLで、ノーベル賞作家で平和活動に熱心な大江健三郎さんを
サヨクとして非難した若い人がいて驚いたことがあります。同じく反戦平
和に熱心な今回のお二人も、ネトウヨたちはサヨクと呼ぶのでしょうか?

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。