スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京裁判での鈴木貫太郎証言が幻に

今日の朝日新聞夕刊は、東京裁判で日本の弁護団は当初、終戦時の鈴
木首相を証人に呼ぼうとしていたが、天皇への波及を恐れて、結局は
断念したという事実が分かってきたと報じています。

終戦時の鈴木首相証言、幻に 天皇へ波及恐れ 東京裁判

スポンサーサイト

「撫順戦犯管理所の6年」を視て

一昨日NHKで放送されました「“認罪”~中国 撫順戦犯管理所の
6年~」を視ました。

日本人戦犯だった人たちの話は今までもよく読んでいましたが、やは
り映像でお聞きするといっそう迫真力があります。さらに番組では、
初めて聞く、中国側の管理所の職員の証言も数多く紹介されていまし
た。

そして最初は反感を持ち合っていた戦犯たちと職員たちが、しだいに
心が通うようになり、戦犯の人たちもやがて自分たちの罪を認めて謝
罪するようになる過程がよく描かれていました。

MLで、撫順戦犯管理所にいた人の「流石はNHKだ。事実関係も正確
だし、裏の証言も取っている」との感想が紹介されていましたが、なるほ
どと思いました。

その人も「(死刑を禁じた)周恩来には感謝に絶えない」と言っておられる
そうですが、「怨みに報ゆるに徳を以てす」という中国人の度量の大きさ、
将来を見据えてそれを実践した周恩来の懐の深さにも感銘を受けました。

撫順戦犯管理所については「季刊『中帰連』WEB」もぜひご覧ください。

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。