スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田母神氏、外国特派員協会での記者会見映像(続)

先にご紹介しました田母神前空幕長の外国特派員協会における記者
会見の映像に、その後質疑応答の部分が追加されました。江川紹子
氏、田岡俊次氏などからたいへん活発に質問が出され、田母神氏の
本音もうかがえます。スピーチの分だけしか見ておられなかっ た方は
ご覧ください。

http://www.tv.janjan.jp/0812/0812010669/3.php

田母神氏の答えの中で、次のような見解にはとくに驚きました。

「55年体制以降、自民党が社会党に引きずられて、だんだん左に寄っ
てきた。このままではますます左傾化して、今に保守政党がなくなっ
ていくのではないか」

「特攻隊は指揮官としてとるべきでない作戦だったと考えるが、隊員
の中でこうなればもうやるしかないという機運が盛り上がって、抑え
ることができなかったのかもしれない」

スポンサーサイト

新たな戦争遺留品(F094)

F094

アメリカ・ケンタッキー州のフロスト七恵さんという方からから戦争
遺留品である日章旗の返還協力の依頼がありました。ご主人の知人の
兄上が、1945~46年ごろ米陸軍の一員として沖縄に駐留中、現地の人
に貰った物だそうです。

元の持ち主は「渡部正」さんと思われますが、寄せ書きには、渡部正
春、山口章、近藤鉄雄、斉藤弥市、宗光幸一、遠藤清次郎、管家吉次
などの氏名があり、これらの氏名から、渡部正さんは沖縄出身でなく、
本土出身と思われます。

また地名らしき「馬場村長」「山口出張所」という書き込みもありま
すが、これからでは地名は特定できないようです。

この日章旗については拙サイト「旧日本軍人の遺留品」の「日章旗
(F051~ ) 」のページにに、F094として掲載しましたので、ご覧の
上、何か手がかりになるような情報がありましたら、ぜひお知らせく
ださい。


山本五十六の遺書「述志」の原本発見(続)

今日の読売新聞のコラム「編集手帳」は、山本五十六の遺書「述志」
の原本が発見されたことに関連して、山本のエピソードを紹介してい
ます。

< 対米戦争の火ぶたを切る真珠湾攻撃で日本の連合艦隊が大戦果を
挙げたとき、山本五十六司令長官に参謀が告げた。長官の郷里で市民
の祝賀行列が催されたそうです…◆「フン、その連中がな、いまに俺
の家へ石を投げつけに来るよ」。山本はそう答えたと、作家の阿川弘
之さんが参謀から直接に聞いた話として随筆集「葭 ( よし ) の髄
( ずい ) から」(文芸春秋刊)に書き留めている>

山本も反対した無謀な戦争に突入したかとについて、当時政治学者の
南原繁が詠んだ歌も紹介しています。

〈人間の常識を超え学識を超えておこれり日本世界と戦ふ〉

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/column1/news/20081202-OYT1T00817.htm

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。