スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樺太先住民族の戦争(下)

シベリヤから運よく生還したウィルタ人の一人にダーヒンニェニ・ゲ
ンダーヌ(日本名:北川源太郎)という青年がいました。

彼はサハリンへ帰ることができず、北海道の網走へ移住し、肉体労働
で生計をつなぎつつ、少数民族の軍人恩給支給問題を国へ訴えました。
1976年、この問題は国会においても論議されましたが、当時の少数民
族に日本国籍はなく、兵役義務もなく、非公式の令状にて召集された
として、彼らに戦後補償が与えられることはありませんでした。

1976年5月13日の参議院内閣委員会における小笠原貞子議員(共産党)
の質問から、ゲンダーヌ(北川源太郎)氏の特務機関・シベリア抑留
時代を紹介した部分を引用します。

< 当時この北川源太郎氏は十八歳の青年でございました。この人た
ちも召集を受けまして、そして軍事教練、遊撃戦術教育、全く軍人と
同じ教育を施され、しかも戦陣訓、軍人教育、いわゆる軍人勅諭とい
うものをたたき込まれました。そしてその間言われたことは、この戦
争中南方では台湾の高砂族ががんばっている、おまえらも負けずにが
んばれと、こういう上官の中野学校卒業の将校らが指導したわけです
けれども、叱吃されて、そして北緯五十度、広大なツンドラ地帯で、
忠実に、実に忠実に任務に従ったわけです。上官の命令で、あるとき
はソ連領側にいる同族らを拉致してきたり、殺害するといったような
ことまでやらされておりました。この間オロッコ族はほとんどばらば
らになるという目にも遭いましたし、北川さん自身もお母さんを失う
というようなことになりました。
終戦になりました。北川さんは仲間とともに日本軍人としてスパイ
容疑で諜報活動していたということでソ連軍につかまって軍事裁判を
受けて、そしてその結果、重労働として八年の刑を受け、シベリアに
八年間抑留をされていた、こういうことでございます。そして昭和三
十年、北川さんは刑を終えてやっと復員してきたわけですけれども、
日本の戦犯になったということでございますので、気がひけて自分の
ふるさとであるオタスの森にも帰られないというわけで舞鶴に引き揚
げてまいりました。そのとき北川さんに手渡されたものは毛布五枚と
下着、米穀通帳の引きかえ券、当座をしのぐ一万二千五百円というお
金だけでございました。これが北川さんの人生の十八歳から十三年間
ふるさとを失い、貴重な青春を棒に振った代償でございました。>
参議院会議録情報 第077回国会 内閣委員会 第4号

この問題が起こったとき、扇元少佐は神戸からわざわざ網走までゲン
ダーヌ氏に会いに行き、「私があのとき責任を持って召集をした、た
いへん苦労をかけていまなお解決できない、まことに申しわけなかっ
た」と詫びたそうです。

このゲンダーヌ氏の告発をきっかけに、1975年に「オロッコの人権と
文化を守る会」(翌年ウィルタ協会と改称)が発足、資料館の建設、
慰霊碑の建立、樺太の同胞との交流など、ゲンダーヌ氏は少数民族の
復権に努めました。

多くの人の寄金で建てられた慰霊碑は、網走市に「静眠の碑」、サハ
リンのポロナイスク市(旧敷香)に「北方先住少数民族戦没者慰霊碑」
があります。
ウィルタ協会:慰霊碑の建立

神戸護国神社に建つ「北方異民族慰霊之碑」は、建立の趣旨を記した
石碑がしゅろの葉の陰に隠れてまったく見えず、その由来を誰に知ら
れることもなく、ひっそりと建っているように見えます。


スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。