スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生首相、「大東亜戦争」と表現

麻生首相は昨日、首相官邸で記者団から過去の戦争観を問われ「日清、
日露(戦争)と、いわゆる“大東亜戦争”、第2次世界大戦とは少し
種類が違うと思う」と語りました。

麻生首相、『大東亜戦争』と表現 戦争観問われ」(朝日、1日)

「大東亜戦争」というのは戦争中の正式呼称ですが、今では「太平洋
戦争」というのが一般的で、政府でも使われています。今でも「大東
亜戦争」を使うのは、主として戦争中と変わらない歴史認識を持って
いる人のようです。

首相は今国会の所信方針演説の冒頭でも、「かしこくも、御名御璽を
いただき、第92代内閣総理大臣に就任いたしました」と述べ、さすが
“臣茂”の孫と揶揄されました。「ぎょめいぎょじ」と聞いて、分か
らなかった国会議員もいるのではないでしょうか?

麻生首相:所信表明 『選挙演説』色濃く 民主の『弱点』挑発
(毎日、29日夕刊)

本当は自分も「臣太郎、かしこくも…」と言いたかったのかもしれま
せん(そういえば、「臣慎太郎」と記帳した人もいましたね)。

また首相はかつて、靖国神社の遊就館について「戦争を美化する感じ
ではなく、当時をありのままに伝えているだけ。当時はそうだったと
事実を述べているにすぎない」と語ったことがあります。

どうやら1940年生まれの麻生太郎氏は、「三つ子の魂百まで」のよう
ですね。

スポンサーサイト

酒井均氏のご逝去を悼む

「戦争を語り継ごう -リンク集-」に掲載しています「私の東京陸
軍幼年学校」の作成者・酒井均様が、昨日お亡くなりになったとご子
息からメールをいただきました。

酒井均氏死去(岡山大名誉教授、東大海洋研究所元教授・地球化学)」
(時事、30日)

僅か数回のメールのやり取りのお付き合いでしたが、私のアドレスを
アドレス帳に残していただいていましたのは、「戦争を語り継ごう」
にも強い思いを懐いておられたことがうかがわれ、感銘を深くしまし
た。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

酒井様を偲んで、「私の東京陸軍幼年学校」から一節を引用させて
いただきます。


全文を表示 »

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。