スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな戦争遺留品(F086)

F086

また新しくアメリカ・ミシガン州の Kenneth Buckingham さんという
元米陸軍下士官から日章旗の返還協力の依頼がありました。戦争中フ
ィリッピン・ミンダナオ島の山岳地帯から持ち帰り、たいせつに保管
していたが、高齢(85歳)にもなるし、この際元の所有者かご家族に
お返ししたいとのことです。

旗に書かれた寄せ書きから、元の所有者は「木村伊三男」さんと考え
られ、また寄せ書きには「従四位勲四等江藤誠之書」とあり、木下
(光次、敏冶、喜代志、しげ子)、江藤(寿夫、君夫、一英、陽子、
君子、マサ子)などの署名があります。

旧日本軍人の遺留品」の「日章旗(F051~  )」のページに、F086と
してアップしましたので、ご覧ください。

なおこの日章旗については、ミシガン州の地方紙 The Monroe
Evening News のサイトに記事が掲載されています。
Vet returning Japanese flag from WWII


スポンサーサイト

日本軍と阿片

昨夜のテレビ番組「NHKスペシャル 日本軍と阿片」を見ました。
証言していた元兵士が「暴力団が麻薬を資金源にしているでしょう。
あれと同じですよ」と言っていたのが、事の本質を表しているようで、
印象的でした。

関東軍は阿片により中国の人々の健康を蝕み、それで得た資金で武器
を購入し、それでまた中国人を殺傷したのです。

旧陸軍の資料に「大東亜共栄圏の鍵は阿片政策」と書いてあったとい
うのも驚きでした。われわれは子供の頃、皇軍は立派な軍隊、大東亜
共栄圏は理想の世界と教え込まれていました。

番組では、A級戦犯の東条英機と板垣征四郎が満州時代阿片に関わっ
ていたと説明されていましたが、同じくA級戦犯に指名され、旧満州
帝国の要職にあった岸信介の名は出てきませんでした。自民党有力政
治家の祖父だからではないと思いますが…。

しかし岸信介が阿片王といわれた里見甫の墓の墓碑銘を揮毫したのは
事実です。

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。