スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧日本軍とアヘンの関わりを示す新資料

今日の朝日新聞夕刊に、中国における旧日本軍とアヘンの関わりあい
を示す資料が見つかったという記事が掲載されています。

< 日中戦争中、中国占領地でアヘン流通にかかわり「アヘン王」と
呼ばれた里見甫(はじめ)(1896~1965)が、アヘンの取扱
高などを自ら記した資料や、旧日本軍がアヘン販売の原案を作ってい
たことを示す資料が日本と中国で相次いで見つかった。>

アヘン王、巨利の足跡 新資料、旧日本軍の販売原案も


スポンサーサイト

靖国問題に関する新聞の社説・コラム

「終戦の日」の昨日、福田首相の靖国神社参拝はありませんでした閣
僚が3人参拝しました。また 全国戦没者追悼式で河野衆院議長が無
宗教の追悼施設建設を検討するよう求め、話題となりました。

これを巡って、今日は毎日、産経、琉球新報の3紙が社説やコラムで
靖国問題について書いています。産経はやはり福田首相を批判し、一
方新しい追悼施設の建設には反対の立場ですが、他の2紙は逆の立場
です。

「追悼のあり方 静かに議論を続けたい」(毎日)
<  河野洋平衆院議長が、この日の全国戦没者追悼式で無宗教の追悼
施設建設を検討するよう求めたのは、この状況は好ましくないと考え
たからだろう。小泉時代の喧騒(けんそう)は終わった。むしろ、静
かに追悼のあり方を議論する好機だと考えたい。>
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20080816k0000m070152000c.html

「終戦の日と靖国 福田首相はなぜ参拝せぬ」(産経)
< 終戦の日の8月15日、東京・九段の靖国神社には、今年も多く
の国民が参拝に訪れた。だが、福田康夫首相の姿はなかった。予想さ
れたこととはいえ、残念である。>
http://sankei.jp.msn.com/life/education/080816/edc0808160333001-n1.htm

「産経抄」(産経)
<今年も福田首相をはじめ大半の閣僚が靖国参拝を見送った。むろん
河野議長もそうだ。それならせめて一度だけでも、参拝の風景を見に
いってほしい。そうすれば、政治レベルで代替施設を造れなどと軽々
な議論はできないはずである。>
http://sankei.jp.msn.com/life/education/080816/edc0808160333002-n1.htm

「靖国神社参拝 政治家の歴史認識を問う」(琉球新報)
< 福田首相はアジア諸国の信頼を損なうことがないよう、A級戦犯
分祀や宗教色のない新追悼施設の建設など、抜本的な解決に前向きに
取り組む時期に来ている。>
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-135279-storytopic-11.html

靖国冬の時代

今朝の産経新聞に、昨15日の靖国神社のルポが掲載され、<福田政権
下における靖国が「冬の時代」を迎えていることを実感した>と報告
しています。

<わずか2年前のこの日には、靖国神社には小泉元首相の参拝効果で
約25万8000人もの参拝者が詰めかけた。それが、昨年は一気に
約16万5000人へと落ち込み、今年はさらにそれを下回る約15
万2000人となった。>

この「冬の時代」という言葉は産経の記者が言い出したのでなく、当
日神社境内で開催された戦没者追悼中央国民集会における「英霊にこ
たえる会」の堀江正夫会長の挨拶にあったものです。

<靖国神社問題は現在、『冬の時代』にある。一気に『氷河期』に突
入することも予想される。靖国の無視、ご英霊の否定にも発展しかね
ない事態だ>

ルポ『靖国冬の時代』平成20年8月15日 忘れてはならない慰
霊・追悼


「冬の時代」という危機感は、今年の戦没者追悼中央国民集会の声明
にも表れています。

<現在、真正保守にとって厳しい時世であることは昨年来の内外諸情
勢を顧みれば歴然としている>

以下その声明の全文を転載します。

全文を表示 »

ヒトニマケナイツヨイコニナリナサイ、硫黄島からの手紙

昨日の朝日新聞大阪本社版夕刊に、戦争中硫黄島から子どもたちに手
紙を送り続けた元軍人のことが紹介されています。当時6歳で、手紙
を受け取った周藤征一さんの言葉、

<国家と云う美名のもとに行われる戦争が、いかに市民の為にはなら
ない愚行である事かを、必ず次世代に語り継いでほしい>

ヒトニマケナイツヨイコニナリナサイ、硫黄島からの手紙


«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。