スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「母べえ」を観て

一昨日封切られました映画「母(かあ)べえ」を観てきました。

映画の舞台となっている時代は、1940-41年(昭和15-16年)。ちょう
ど私が小学校1-2年生の頃ですが、2歳年上の山田洋次監督の演出です
から、時代考証にはまったく違和感を感じず、映画に引き込まれまし
た。

ストーリーはもうご存じの方も多いと思いますが、太平洋戦争が始ま
る前年、一家の主人を治安維持法違反ということで奪われた、ごく平
凡な学者の家族の物語です。

戦争へとひた走る軍国主義の荒波と、それに揉み砕かれる家族のほの
ぼのとした愛を対比させ、戦争反対だとか、平和だとかを、声高に主
張しているわけではありませんが、あの時代の底知れぬ恐ろしさがひ
しひしと伝わってくる映画です。

当時は子供でしたから、ごく単純に2600年の歴史を持つ“金鵄輝く”
神国を誇りに思っていましたが、実はまったく恐ろしい時代であった
ことを改めて思い知らされました。

それにしても、当時の子供のイメージにある、やさしくそして健気な、
若いお母さん役を見事に演じている吉永小百合の若さと演技力には脱
帽です。

戦争を知らない世代の皆さんにも、ぜひ観ていただきたいと、お勧め
します。

「母べえ」の公式サイト

以下このサイトから、山田洋次監督や私と同世代の人たちの感想を引
用します。



全文を表示 »

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。