スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵隊さんの思い出

MLで子供の頃家に兵隊さんが泊まったという話がありました。それで
思い出しましたが、国民学校(小学校)低学年のころだったでしょうか、
兵隊さんが二人我が家にも泊まったことがあります。

当時は神戸に住んでいましたので、神戸港から船に乗る軍隊が一晩民
家に分宿したのでしょうか。隣組に割り当てが来て、我が家も引き受
けたのでしょうが、いずれにしろ子供のことですから詳しいことはわ
かりません。

祖父と父が座敷で接待していましたが、母に「あんたたちもご挨拶し
なさい」と言われ、弟と二人恐る恐るふすまを開けて入っていきまし
た。兵隊さんといえば、当時の男の子の憧れの的、初めて会う生身の
兵隊さんを前に、緊張して何をしゃべったのかまったく覚えがありま
せん。

兵隊さんといえば、もう一人忘れられない人がいます。国民学校4年
生のときですから、昭和18年くらいだったでしょうか、明石へ遠足に
行った際、一人の兵隊さん(下士官)が話しかけてきました。伊丹の
航空隊で地上勤務をしているそうで、「一度遊びに来ない」と誘って
くれました。

憧れの飛行機も見られるというので、私たちは大喜びで、約束の日曜
日仲のよかった三人組で出かけました。飛行場は今の伊丹空港で、阪
急の蛍池駅から、田んぼの中を歩いていきました。当時はまだ家も建
て込んでいなくて、駅から飛行場を見渡せるくらいだった記憶があり
ます。

そして当時の新鋭戦闘機「鍾馗」を眺め、酒保でその頃もう口に入る
ことも少なくなった甘い物をいただき、大満足で帰ってきました。

子供好きだったその兵隊さんとは、その後も文通を続け、とうとう岸
和田の実家にご招待を受け、また三人で一晩ご厄介になり、ご両親は
じめ一家で歓待していただきました。まだ空襲も食糧難もそれほど酷
くなく、余裕のある頃でした。

兵隊さん


このところたて続けに南京事件の嫌な話を投稿していますが、あのよ
うな悪徳兵士は例外で、ほとんどの兵隊さんは、このようにごくふつ
うの、子供好きの、いい人だったと思っています。
スポンサーサイト

従軍記者が見聞した南京事件(2)

柳川平助中将が率いる兵団 ( 第10軍 ) に従軍した斎藤は1937年11月
20日、太湖南岸の湖州に入り、南京へと向かった。

斎藤よりやや遅れて、柳川兵団の法務部長、小川関治郎らの一行が
29日、湖州に着いた。

小川らの陣中日誌に、軍法会議にかかった事件が記録されている
( 『続・現代史資料6』 ) 。

―被告人は泥酔して「支那人二対スル強キ敵愾心(てきがいしん)二
駆ラレ……所携ノ銃剣ヲ以テ通行中ノ支那人三名ヲ殺害シタルモノナ
リ」。

―徴発した野菜を中国婦人3人に洗わせようとしたところ、ひとりが
応じようとしなかったため「被告人ハ……日本軍人ヲ軽侮スルモノナ
リトシ所携ノ歩兵銃ヲ以テ同女ヲ射殺シタリ」。

頻発する略奪、殺人、強姦。憲兵は「僅かに現行犯で目に余る者を
取押える程度」だった ( 上砂勝七『憲兵三十一年』 ) 。

「柳川兵団の進撃が速いのは、将兵のあいだに『掠奪・強姦勝手放題』
という暗黙の諒解があるからだ」と、同盟通信上海支杜長の松本重治
は同僚から聞いた。

斎藤は、中国側が日本軍に向けて流したラジオ放送の言葉を、手記
に書きとめている。
「父母にはぐれた数千の孤児、わが子の死体を踏み越えて逃げる年と
った父や母達。家は焼け、喰ふに物なき哀れな民の、あの悲しみの洪
水が果して、みなさまの心にどの様に映ってゐるでせうか」

1937年12月13日の夜明け前、日本軍が南京城東側の中山門を占領し
た。

明け方、朝日新聞記者斎藤一は、南京城の南側、中華門西方50メー
トルの城壁を爆破してつくられた突撃路をよじ登って城壁の上に立っ
た。
「敵の死体が城壁の外側に何百、何千、数へ切れぬ程列をなしてゴロ
ゴロと転がつて」いた (38年1月5日付朝日北海樺太版など ) 。

城内に入った日本軍は「残敵掃討」にあたった。歩兵第20連隊の牧
原信夫上等兵は、新聞記者が「続々嬉しそうに自動車或は徒歩にて入
城」するのを見た ( 『南京戦史資料集1』 ) 。

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。