スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本のいちばん長い夏」を読んで

nagainatu.jpg


半藤一利編「日本のいちばん長い夏」(文春新書、07年10月)を読み
ました。

これは終戦時の歴史を後世に伝えるために、1963年6月に行われ、そ
の年の「文芸春秋」8月号に掲載された座談会を再録したものです。
この座談会の出席者は、政治家、旧軍人から特攻隊員、沖縄の女学生
とあらゆる層に及ぶ30人、例えば次のような実に多彩な顔ぶれです。

迫水久常(内閣書記官長)、鈴木一(鈴木貫太郎首相秘書官)、入江
相政(侍従)、松本俊一(外務次官)、佐藤尚武(駐ソ連大使)、今
村均(第八方面軍司令官)、池部良(陸軍中尉、在ハルマヘラ島)、
会田雄次(陸軍上等兵、在ビルマ)、大岡昇平(陸軍一等兵、レイテ
島米軍捕虜収容所)、酒巻和男(海軍少尉、捕虜第一号)、ルイス・
ブッシュ(英海軍大尉、日本の捕虜収容所)、吉田茂(元駐英大使)、
志賀義雄(共産党員、獄中)

座談会の話題の中心は、対ソ和平工作、ポツダム宣言から玉音放送に
到る終戦史です。御前会議の出席者やクーデターの計画者を含む、内
閣、宮中、外務省、中立国駐在の大使、陸軍省・海軍省、NHKなど
の関係者の証言を一口でまとめれば、終戦までの過程はいかに軍部と
くに陸軍を納得させるかであったといえるようです。

戦争終了を進める要の立場にあった、迫水久常内閣書記官長(当時)
は、<事実は戦争をやめる方法ではなく、むしろ陸軍をどうやって抑
えるかがむつかしかった。>と発言しています。

こういう座談会で語られている事実は、今ではすっかり旧知のことと
なりましたが、当事者の口から生々しく語られたものを改めて読みま
すと、やはり真に迫るものがあります。出席者の内、すでに26名の人
が亡くなられている今日、この書は戦争の歴史を伝える貴重な資料と
いえましょう。

「日本のいちばん長い夏」(文芸春秋書誌ファイル)
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。