スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんのための教科書修正か (岡本行夫)

今日の産経新聞のコラム「正論」に、元沖縄担当首相補佐官の岡本行
夫氏が「なんのための教科書修正か」という見出しで、集団自決問題
などについての一文を寄稿しています。

岡本氏は、集団自決問題にしろ、慰安婦問題にしろ、また南京事件に
ついても、今や事実関係が争点ではなく、歴史をどんな主観で語るか
が焦点になっているとし、集団自決問題について<しかし、既に書か
れていた教科書の記述を、論争のある時に修正することは、「軍の関
与はなかった」とする史観を新たに採択した意味を持つ。否定できな
い犠牲の歴史が沖縄にある時に、修正しなければならないほど重大な
過誤が従来の記述にあったのか。>と書いています。

元沖縄担当首相補佐官・岡本行夫 なんのための教科書修正か
スポンサーサイト

戦艦「陸奥」、生存者の体験談

1943年6月、山口県の桂島沖で謎の爆沈をした戦艦「陸奥」の数少な
い乗組員の一人の体験談が今日の河北新報で紹介されています。

乗組員1470人のうち、約1210人が亡くなったとされ、生存者も秘密を
守るため、相次いで前線に出されたとのことです。

戦艦『陸奥』の事実後世に 乗組員生存者の布施さん

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。