スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇と平和憲法

私は、同じ歳の天皇が、われわれの世代の大多数と同じく、過去の戦
争への反省から、平和を志向し、平和憲法を尊重する気持ちを持って
いるのではないかと、これまで何度も述べてきました。AERA5月7
日号も、それを裏付けるような記事を掲載しています。

その中の何人かの証言をご紹介します。

< 言葉だけではない。学習院初等科からの陛下の学友で元共同通信
記者の橋本明さんはこう証言する。「われわれは新憲法の申し子みた
いな世代。陛下はこれまで理屈でなく行動によって、平和憲法のあり
ようをみせようとしてきた」>

< 初等科から高等科までを学習院で過ごし、陛下の「先輩」である
参議院議員の田英夫さんは言う。
「ご夫妻は根っからの『平和好き』。日本国憲法の根幹である第9条
が国民投票で変えられ、戦争を可能にする条文が入ってきたら驚き、
戸惑うだろうな」>

<(前略)9条問題について発言を続けてきた国際政治学者の姜尚中
さんは、(中略)
「僕個人の印象として、今上天皇は日本国憲法に対して非常に強いア
タッチメント(愛着)をもっていらっしゃるのではないか、と。天皇
制を支持する人が『右』といった雑駁な構図には収まらなくなってい
る。奇妙な現象です。政治がポピュリズム(大衆迎合主義)に傾いて
いるいま、天皇が戦後民主主義の象徴として『重し』になるという
『ねじれ』が生じている」>

< 戦後の皇族の語録集『おことば』(新潮社)を編纂した作家の島
田雅彦さんは、
「現天皇はそのお言葉を見る限り、現代思想家の、だれにいちばん近い
スタンスで立っておられるかというと、僕は大江健三郎だと思う」
(「週刊朝日」2006年3月17日号)>

かつてMLで、大江健三郎氏を「反日」と言った若い人がいましたが、
それでは天皇も「反日」ということになるのでしょうか?

天皇家の「戦争を語り継ごう」の一節を、長文ですが引用します。

全文を表示 »

スポンサーサイト

首相の靖国供物奉納に関する社説

安倍首相が靖国神社春季例大祭に「内閣総理大臣」名で供え物を奉納
した件についての、今朝の各紙の社説をご紹介します。

首相と靖国―抜け出せぬジレンマ」(朝日)
< 国際社会の一員としての日本の地位や9条の改憲を望んでいない
世論などの制約の中で、ナショナリズムの地金を小出しにする。そん
なやり方を続ける限り、首相がジレンマから抜け出す道はない。>

首相と靖国 もう『参拝せず』と明言しては」(毎日)
< 従軍慰安婦問題を思い出そう。安倍首相は、旧日本軍の関与を認
めた河野(洋平官房長官=当時)談話の見直し論に、いったんはくみ
するような姿勢を見せながら、日米間がぎくしゃくすると一転、火消
しに回った。その経験は首相にも反省として残っているはずだ。中途
半端な対応はかえって話をこじらせるだけだ。この際、「参拝しない」
と明言するのが最も分かりやすいのではなかろうか。>

「靖国への供物*道理のない宗教的行為」(北海道)
< 参拝にしろ奉納にしろ、憲法の政教分離原則を無視するような行
為なのだ。小泉純一郎前首相の靖国参拝をめぐる各地の訴訟でも、違
憲判断はあるが合憲とする判決はまだないことを、わきまえてもらい
たい。>

靖国神社に供物 総理大臣名で私人とは」(中国)
< しかし、いつまでもあいまいなままでは済まないだろう。私人の
思想、信条をとやかくいうつもりはない。首相が「国のために戦った
方々のご冥福をお祈りし、尊崇の念を表する思いは持ち続けたい」と
いうのも分かる。ただ、一国の首相ともなると「個人の心情の問題」
では片付けられない。信頼回復の一歩を踏み出したばかりの日中関係
を、靖国参拝問題で損なっては元のもくあみである。>

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。