スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の産経社説と「報道2001」から

米下院に決議案が出されている従軍慰安婦問題については、このとこ
ろ報道も下火になりましたが、一部の月刊誌など右翼系メディアが熱
心に決議案への反論を展開しているようです。

今日の産経新聞もまたこの問題を社説で採りあげています。

慰安婦問題 誤解解く努力を粘り強く
< 慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める決議案が5月中に米下院で
採決される見通しだ。日本側はなお、あきらめず、この問題をめぐる
誤解を解くための粘り強い努力を続けるべきである。>

また今朝放映されましたフジテレビの「報道2001」もこの問題を採り
あげ、中西輝政、秦郁彦、古森義久の3氏と姜尚中、藍谷邦雄、高嶋
伸の3氏が討論していました。

前者のグループが、「軍による強制連行があったかどうかが問題」
「強制連行を裏付ける客観的な証拠はない」「決議案のバックは中国
系団体」などと主張したのに対し、後者は「広義、狭義の強制性とい
うのは問題ではない。問題は国としてきちんと謝罪していないこと」
「文書はすべて焼却したので、残っているわけはない」などと反論し
ていましたが、結局時間がないので水掛け論に終わりました。

いずれにしても、今月下旬の訪米を控え、安倍首相も「河野談話」遵
守を明言しているのに、それに不満を持つ一部勢力がまだ「誤解を解
く」ことに拘っているようです。しかしはたして「狭義の強制連行は
なかった」ということで、“誤解”は解けるのでしょうか?
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。