スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「集団自決」の教科書検定 -各紙の社説 -

昨日公表されました沖縄戦の「集団自決」についての教科書検定をテ
ーマとした今朝の各紙の社説をご紹介します。


「集団自決―軍は無関係というのか」(朝日)
<  国民にとってつらい歴史でも、目をそむけない。将来を担う子ど
もたちにきちんと教えるのが教育である。>
http://www.asahi.com/paper/editorial.html


「[教科書検定]歴史上の論争点は公正に記せ」(読売)
<  諸説ある史実は断定的には書かない、誤解を招くような表記は避
ける。文部科学省が求めたのは、そんな当たり前の教科書記述だった
と言える。>
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20070330ig90.htm


「教科書検定 沖縄戦悲劇の本質を見誤るな」(毎日)
< また将兵はもとより、住民たちも「投降」は考えることも許され
なかった。日本中がそう教育され、刷り込まれていた時代である。軍
は雪崩を打つように南へ敗走し、最終段階では軍属の人々も放置して
崩壊した。
 こうした流れや無責任な全体状況は、死を選ぶしかないほど人々の
心身を追い込んだとみることもでき、「強制は明らかでない」と言い
切れるものだろうか。>
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/


「沖縄戦 新検定方針を評価したい」(産経)
< 集団自決の軍命令説は、昭和25年に発刊された沖縄タイムス社
の沖縄戦記『鉄の暴風』に記され、その後の刊行物に孫引きされる形
で広がった。
 しかし、渡嘉敷島の集団自決について作家の曽野綾子さんが、昭和
40年代半ばに現地で詳しく取材し、著書『ある神話の背景』で疑問
を示したのをはじめ、遺族年金を受け取るための偽証が基になったこ
とが分かり、軍命令説は否定されている。>
http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/shucho/070331/shc070331001.htm


「教科書検定・沖縄戦の実相歪めないか/政府の思惑先取りの傾向に」(琉球新報)
< 検定意見では、「誤解の恐れ」の根拠に、軍命令の存在に疑問を
呈している書籍や現在係争中の裁判での陳述を挙げた。ただ、係争中
の裁判での陳述を根拠の一つにするのはどうだろうか。陳述はまだ争
われている最中なのだから。>
http://ryukyushimpo.jp/news/storytopic-11.html

スポンサーサイト

「集団自決」の教科書検定 -沖縄の新聞から -

文部科学省が昨30日発表した06年度の教科書検定で、歴史教科書では、
沖縄戦の集団自決をめぐって、「日本軍に強いられた」という内容に
修正を求める意見が初めて付けられました。


今朝の各紙はこの問題を大きく報じていますが、その中で地元の沖縄
の2紙の記事をご紹介します。


「政府『軍命』隠滅か」(沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200703311300_03.html


「沖縄戦 ゆがむ実相」(沖縄タイムス)
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200703311300_02.html


「『事実打ち消せない』 教科書自決強制削除」(琉球新報)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-22562-storytopic-1.html


集団自決に際し、軍の具体的な命令があったかどうかはさておき、敵
に降参するくらいなら自決せよと刷り込まれていた当時の“銃後の少
国民”としては、次の金城重明さんのお話に共感を覚えます。


< 沖縄戦時下の渡嘉敷島(渡嘉敷村)で自らの命を絶ったり、肉親
に手をかける集団自決(集団死)を体験し、国や日本軍のかかわりを
糾弾してきた沖縄キリスト教短期大学名誉教授の金城重明さん(78)
=与那原町=は検定結果について「教科書の改ざんは歴史の改ざんだ。
打ち消せない事実を隠ぺいするものだ」と厳しい表情で語った。


 金城さんは日本軍の集団自決への関与の記述が修正されたことを「ま
ったく間違いだ」と批判。母親や弟妹を手に掛けた体験から「皇民化教
育で『鬼畜米英』の思想や生きて虜因の辱めを受けずの軍人精神が住民
に強要され、生きるのが恐ろしいという心境に誰もがなった。軍がいな
ければ追いつめられなかった。現に慶良間の集団自決は日本軍が駐留し
た所でしか起きていない」と指摘した。>

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。