スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慰安婦問題「答弁書」に韓国が反発

今日の北海道新聞は、次のように伝えています。

< 従軍慰安婦問題の旧日本軍関与を認めた一九九三年の河野洋平官
房長官談話に関し、安倍晋三首相が被害者への「おわび」を強調する
など、発言を変えている。海外の反発を考慮し、「強制性」の解釈に
ついての持論も封印。四月下旬の訪米を控え、日本政府に公式謝罪を
求める米下院の決議案の審議を刺激しないよう、沈静化に躍起になっ
ている。>
慰安婦問題、沈静化急ぐ首相 持論を封印おわび強調

しかし16日に閣議決定した「答弁書」では、再び“狭義の”強制性を
否定したため、せっかくの「封印」も緩んでいるようで、早速韓国外
交通商省は「非常に遺憾」と声明し、今日の韓国の中央日報、朝鮮日
報も社説で強く批判しています。

今度は河野談話まで否認するつもりか」(中央日報)
< 日本政府の今度の決定は、河野談話さえ否定して重要な部分はは
ずしたという宣言のようなものだ。すでに自民党議員たちを中心に河
野談話を否定しようとする動きがある。だから「基本的に継承」する
といくら繰り返しても談話を取り消したり、戦争犯罪に目をつぶると
いう姿勢だと解釈される可能性が高い。そのように証拠がなければト
ーマス・シファー駐日米国大使が16日「慰安婦被害者らは日本軍に
よって性的暴行された」と言ったのはどんな根拠からだったのか。日
本政府と国際社会の乖離は安倍首相を含め日本指導層の甘い歴史認識
のせいだと我々は判断する。>

日本に足りないのは資料ではなく良心だ」(朝鮮日報)
< しかし実際には、現在も元慰安婦の女性たちから多くの生きた
「証言」が出てきている。先月米下院で行われた聴聞会では、韓国人
の元慰安婦だけでなく、インドネシアに住んでいたオランダ人女性ま
でが出てきて証言した。この女性は当初ジャワ収容所に閉じ込められ
ていたが、「17歳以上の女は収容所の外に出ろ」という命令を受け、
強制的に連れて行かれたと語った。日本政府はこうした証言にいつま
で耳をふさぎ続けるつもりなのだろうか。>

慰安婦問題については、韓国やアメリカ以外にも、シンガポール、マ
レーシア、カナダからも批判が出ていると、18日のしんぶん赤旗は伝
えています。

発言 世界から批判

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。