スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史認識と愛国心―大沼保昭教授

今朝の朝日新聞のコラム「私の視点」に、東京大学教授(国際法)の
大沼保昭氏が、「歴史認識と愛国心 国民の感覚を大事に」という見
出しの一文を寄稿しています。

大沼教授は、先月の朝日新聞の世論調査で、自分は愛国心があると思
う人は78%で、かつアジア諸国への侵略や植民地支配に対して85%が
反省する必要があると答えているのを例に挙げ、国民は至極まっとう
な感覚を持っていると述べています。

そして、「反省するリベラル=非愛国者」対「反省は恥ずべき自虐と
見る愛国主義者」という対立は、メディアが「受け」を狙った図式で、
国民の意識から乖離したものであるとし、<愛国心が強いものほど自
国に誇りをもち、それゆえに自国の過去を反省し、克服しようと努め
る>と書いています。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。