スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧満州・中国人捕虜強制労働、関東軍が賃金不払い明文化

日中戦争で旧日本軍(関東軍)が捕虜になった中国人兵士らを旧満
州国に連行し、建設現場で「特種工人」として働かせましたが、その
賃金を本人に支払わないことを明文化した極秘の取扱規定がこのほど
見つかったと、昨日の朝日新聞が伝えています。

< 日本が1911年に批准した「ハーグ陸戦条約」は、捕虜を使役
した場合は自国の陸軍軍人と同じ基準で賃金を支払うことなどを義務
付けるとともに、捕虜の賃金から必要経費は控除できるとしている。
関東軍の取扱規程は、「特種工人」が諸外国から国際法上の捕虜と認
定された場合でも、同条約を順守していると主張できる形を取りつつ、
現場で強制労働を可能にする狙いがあったと見られる。>

旧満州・中国人捕虜強制労働、関東軍が賃金不払い明文化
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。