スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争遺留品の日章旗、遺族へ返還へ

武庫川女子大(兵庫県西宮市)の学生が、米国留学中にアメリカ人か
ら託された、旧日本兵の遺留品である日章旗の元の持ち主を探してい
たところ、このほど新潟の遺族が名乗り出て、近く返還されることに
なりました。

持ち主だった兵士は、1943年1月8日、ガダルカナル島で戦死されてい
ましたが、89歳の未亡人がご健在で、たいへん喜んでおられるとのこ
とです。

日章旗:女子大生の持ち主探しに、新潟の家族が名乗り出」(毎日、
30日)

拙サイト「旧日本軍人の遺留品」にも、まだ元の持ち主の所在が不明
な日章旗が多数残っています。このように無事お返しできるよう祈っ
ています。 
スポンサーサイト

日中歴史研究 事実に語らせることだ

ご承知のように、日中の専門家による歴史共同研究が今月から始まり
ましたが、今朝の朝日新聞の社説は、まず事実の確認、重ね合わせが
重要と述べています。

日中歴史研究 事実に語らせることだ
< 要は、協力してできるだけ多くの事実を重ね合わせることだ。持
ち寄った事実が多いほど、的はずれの解釈が顔を出す余地は小さくな
る。
 すでに両国の歴史研究者の間ではさまざまな交流や共同研究が行わ
れ、成果は出版もされている。
 事実をして語らしむ。冷静に、実証主義の姿勢で一歩一歩進むべき
だ。>

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。