スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛国心のトリック

MLで「愛国心のトリック」というテーマについて議論になっていま
すが、それを読んでいて、よく愛国心の議論で問題になる、「国」とは
何か、英語でいう"State"か"country"かという命題を思い出しました。

"State"はまさに「国家」ですが、"country"には「国家」のほか「郷
里」「田舎」といった幅広い訳があります。日本語の「クニ」という
言葉も、"country"とよく似ていますね。

「おらがクニ」と言った場合は、「XX村」であったり、「信濃の国」
であったりしますし、海外で「おらがクニ」と言えば「日本国」のこ
とでしょうし、そこにはまた「母国」とか「祖国」といったニュアン
スも含まれているでしょう。

すなわち「country=クニ」は郷土から国家までを含んだ広い概念で、
それは自然発生的なもの、古い社会学の用語で言えば「ゲマインシャ
フト(共同社会)」でしょう。したがってそれを愛する心は、自然発
生的に生まれるものです。

一方「State=国家」は、Hさんの言われる“人工的な社会組織”
であり、「ゲゼルシャフト(利益社会)」といわれるものです。それ
を愛する心は、得てして為政者に都合のいい人為的なものになること
が多いと思います。

Oさん:
> 私は良い(本当の)愛国心と悪い(偽の)愛国心という論法がよ
> くわかりません。

私は、その二つの愛国心を、上記のように考えています。

毎度恐縮ですが、私たちが国民学校で習った修身の教科書の次のよう
な一節を、また引用させてください。「クニ」と「国家」の境目をあ
いまいにして、幼な心に、“素朴な”愛国心をベースに“偏狭な”愛
国心を植えつける、まさに「愛国心のトリック」のいい例だと思いま
す。

日本ハ春夏秋冬ノナガメノ美シイ国デス
山ヤ川ヤ海ノキレイナ国デス
コノヨイ国ニ私タチハ生マレマシタ
オトウサンモ オカアサンモ コノ国ニオ生マレニナリマシタ
オヂイサンモ オバアサンモ コノ国ニオ生マレニナリマシタ

日本ヨイ国 キヨイ国
世界ニ一ツノ神ノ国
日本ヨイ国 強イ国
世界ニカガヤクエライ国
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。