スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防衛庁長官の「沖縄戦発言」を地元批判

久間章生防衛庁長官は昨日の参院外交防衛委員会で、太平洋戦争末期
の沖縄戦に言及し「私が米軍だったら硫黄島と同時に沖縄を占領する、
戦略上それはあったろうと思う」と述べました。

また沖縄戦の犠牲について「沖縄にもし日本の軍隊がいなかったら、
確かに悲劇は少なかったかもしれない。日本はもっと早く占領されて、
早く戦争が終わっていたかもしれない」と述べました。

これに対し、今朝の琉球新報および沖縄タイムスはともに批判してい
ます。

「『基地があれば攻撃は後回しになるのでは』 久間長官、PAC3
配備で見解
」(琉球新報)
< 久間長官の発言について大田氏は委員会終了後、「国としてそう
いう発言をするのは聞いたことがない」としながら、「沖縄戦は現実
に起きたこと。『悲劇が少なかったかもしれない』と仮定の話にする
のはおかしい。沖縄戦の実態をよく知らないから、ああいう発言にな
るのではないか」と話した。>

「『私でも沖縄を占領』/久間長官発言」(沖縄タイムス)
< 元ひめゆり学徒隊の本村つるさん(81)は「他人ごとのような
発言。沖縄戦でかつて捨て石にされた沖縄が、また切り捨てられたよ
うだ」と憤った。
 「戦争経験者や基地被害を受ける沖縄のことを自らに重ね合わせら
れないのだろう」と嘆いた。>
スポンサーサイト

今朝の各紙の社説・コラムから

開戦65周年の今日ですが、主要紙の中でこれを社説に採り上げたのは、
産経紙のみです。産経以外は、やはり終戦に比べ開戦は関心も低いよ
うです。

「真珠湾から65年 語る体験から学ぶ歴史へ」 (産経)
< しかし、無謀ともいえる戦争になぜ日本は突入していったのか。
そのことは65年の歳月を経た今でも、十分に解明されているとは言
えない。
  日本人の多くが、戦後の東京裁判で戦勝国側が描いた歴史観に立ち、
いわゆる「A級戦犯」にそのすべての責任を帰そうとする傾向が強い
からである。「軍部の独走」ですべてを片づけようという見方も根強
く残っている。あまりにも悲惨だった戦争経験がそうさせているのか
もしれない。だが果たしてそれだけでいいのだろうか。>
http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/shucho/061208/shc061208000.htm

各コラムでは、次のような各紙が採り上げています。

「天声人語」(朝日)
< 刻々と命が失われる戦場での営為は人の心を強くつかむ。国民は
英雄を望み、軍や国家は英雄をつくろうと試み、メディアはあおる。
もみくちゃにされる兵士たちの悲劇が、切々と伝わってくる。
 ブレヒトの戯曲に、こんなせりふがあった。「英雄のいない国は不
幸だ!」「違うぞ、英雄を必要とする国が不幸なんだ」(『ガリレイ
の生涯』岩波文庫・岩淵達治訳)。戦争は、妻や子や親を思いやる当
たり前の青年同士を戦わせ、時には英雄の役回りまで強いる。65年
前のきょう、日本軍の真珠湾攻撃で、太平洋戦争が始まった。>http://www.asahi.com/paper/column.html

「編集手帳」(読売)
<◆人は誰しも、情の深い人はなおさら、戦地にいる兵隊さんの力に
なりたいと思う。戦争は雪の玉に似ていよう。最初に雪を丸めたのが
無謀で乱暴な軍部であったとしても、いったん転がりだせば、平和を
愛する人、良識ある人をも巻き込んで大きくなっていく◆だから転が
してはいけない、始めてはいけないのが戦争だろう。8月15日の終
戦記念日と同じように、それ以上に、「不戦の誓い」の重さをかみし
める日である。>
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20061207ig15.htm

「中日春秋」(中日)
<▼米国では今、イラク米軍の段階的な撤退案が出ている。イラクで
の開戦直後の米国は太平洋戦争当初の日本に似て勝ちどきをあげてい
た。けれど、いまやイラク国民も米兵も犠牲は膨大で「内戦」と呼ば
れる窮状だ▼「いくさに征く」ことのない為政者たちが、過去の戦争
も現在の戦争も深く省みて、これ以上誤らないことを。命がひょんと
消えていくことなど決してないように。>
http://www.chunichi.co.jp/chn/index.shtml

「正平調」(神戸)
<◆時代を経ても国が変わっても、戦争は人心を時勢という名の奔流
に巻き込んで、一気に押し流すものらしい。世界の「待った」の声を
振り切って始めた、米国のイラク戦争もまたそうだった>
http://www.kobe-np.co.jp/seihei/index.shtml

「大弦小弦」(沖縄タイムス)
< この時、悲惨な戦争の結末を予想した人々が一体どれほどいただ
ろうか。以前、当時を知る人を何人か取材したが共通して、こんな答
えが返ってきた。「物資は不足していたが、差し迫った戦争の恐怖は
感じなかった」。戦争の影は迫ってきていたが、日々の生活に大きな
変化はなかったらしい。
 あれから六十五年。この国が、ほかの国に戦争を仕掛けたことはな
くまた、攻められたこともなかった。「開戦」は、もはや死語になり
つつようにも思えるが事は、そう単純ではない。>
http://www.okinawatimes.co.jp/col/20061208m.html

マレー半島、香港にも攻撃開始した日

MLで次のような投稿がありました。

>  本日は12月8日ですね。
> 真珠湾攻撃の二時間ほど前に、マレー半島コタバル海岸に日本
> 軍が上陸しておりますが、
> 現在の様子は、このような感じに成っていました。報告します。

> 「コタバル海岸

ML最長老の多田清さんも、この作戦に参加、シンゴラに敵前上
陸されています。

マレー半島に敵前上陸の命令

また日本では余り知られていませんが、同じく12月8日早朝日本軍は
同じくイギリス統治下だった香港に対しても攻撃を開始しています。

「【今日は何の日?】1941年:日本軍が香港に侵攻」(中国情報
局、8日)

私の十二月八日

今日は太平洋戦争開戦65周年の日です。およそ70代以上の皆さんにとっては、忘れられない日です。もっともお若い方には、ジョン・レノンの命日としかご存じないかもしれませんが。

拙サイト「戦争を語り継ごう -リンク集-」に、皆さんの思い出を綴る「私の十二月八日」というページを設けています。まだご覧になっていない方は、ぜひご訪問ください。当日の大本営発表の臨時ニュースもお聴きいただけます。

なお、この日に深い思い出をお持ちの方は、ぜひご寄稿ください。

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。