スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国沖縄訴訟で遺族らの控訴棄却

小泉前首相が首相在任中の2001年8月と02年4月に行った靖国神社参拝は、憲法の
政教分離規定に反するとして、沖縄戦戦没者の遺族ら80人が国と前首相に対し、1人
当たり10万円の慰謝料を求めた訴訟の控訴審判決が12日、福岡高裁那覇支部であり、
小林正明裁判長は憲法判断は下さず、「原告が主張する権利、法的利益の侵害は認
められない」として原告の控訴を棄却しました。

沖縄靖国訴訟/遺族らの控訴棄却」(沖縄タイムス、13日)

今日の沖縄タイムスは社説でも採り上げています。

「[沖縄靖国訴訟]憲法の番人たる判断を
< 靖国神社は戦前、国家神道の精神的支柱として軍国主義の大きな役割を担ってきた。
戦後の政教分離で一宗教法人に変わったが、今だに太平洋戦争に至る一連の戦争は正
しかったという史観に立っていると言わざるを得ない。>

< 司法が政教分離原則を緩やかに解し憲法判断を回避すれば、合憲の判断をしたわけ
でもないのに参拝に「お墨付き」を与え、首相の参拝を追認する政治的効果を持つ。裁判
所に対する原告らの不信感が募るのは当然といえる。

 首相の靖国参拝に対する裁判所の判断の分かれ方は、世論が割れる要因にもなってい
る。原告側は上告する方針であり、最高裁が「憲法の番人」たる明確な判断を示してもらい
たい。>


スポンサーサイト

富田メモ記事に新聞協会賞

昭和天皇が靖国神社へのA級戦犯合祀に不快感を示していたことを明らかにした、いわ
ゆる富田メモを報じた日経新聞の記事に、今年度の新聞協会賞が与えられました。授賞
の理由は次のとおりです。

< 地道な取材の成果として第一級の史料を発掘したこの特報は、首相の靖国神社参拝
問題、靖国神社のあり方そのものの議論を喚起し、政治、社会、外交など各方面へ大きな
影響を与えた極めて衝撃的なスクープであり、新聞の力を再認識させる報道として高く評
価され、新聞協会賞に値する。>
http://www.pressnet.or.jp/ 

この記事については、メモ自体の信憑性を疑う、こういう私的な資料を公表するのはいかが
か、などの批判がありますが、この受賞は、社会的にもこの記事が高く評価されたことを意
味すると思います。

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

西羽 潔

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。