スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国批判 米国からの問いかけ

先にアメリカ議会で、首相の靖国参拝や遊就館の展示に批判が出てい
ることをご紹介しましたが、今朝の朝日新聞の社説はこれについて論
評しています。


「靖国批判 米国からの問いかけ」
< 日中関係の冷え込みは米国のアジア戦略に好ましくない、という
分析的な判断からだけではない。「自存自衛の戦争であり、侵略では
ない」「東京裁判は認めない」といった主張が首相の靖国参拝で勢い
づいたことに対し、あの戦争の当事者である米国に困惑と反発が生ま
れているのだ。問われているのは、やはり日本の歴史認識である。


 小泉首相は靖国参拝を批判するのは中国と韓国だけだと言い続けてき
たが、それは政府の公式発言に限っての話だ。首相の参拝を批判するシ
ンガポールのゴー・チョクトン上級相(前首相)は「この件に関して日
本は外交的に孤立している」と明言している。


 「内政干渉」と退けるのは筋違いだろう。彼らが問題にしているのは、
彼らも戦い、あるいは巻き込まれた戦争についての歴史認識だからだ。


 日本は、戦前の軍国主義を否定し、米占領下で民主主義に生まれ変わ
った。そんな日米同盟の原点をなおざりにするのは看過できない。米議
会の論議はそう問いかけているのではないか。


 「自由と民主主義」の連帯を次の政権も掲げるのなら、米国からの問
いかけをきちんと受け止めるべきである。 >
http://www.asahi.com/paper/editorial.html

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

「戦争を語り継ごうML」ご案内

このブログの記事は、主としてメーリングリスト「戦争を語り継ごうML」へ投稿したものです。このメーリングリストは、世代間の交流を通じて戦争を正しく語り継いでいく場として、設けたもので、10代から90代まで、多数の人が参加しています。

参加を希望される方は、上の「リンク」の「戦争を語り継ごうML」をクリックしてください。

コメントをどうぞ

このブログについてのコメントは、下記へお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Author:西羽 潔

・1933年生まれの軍国少年OB。
・メーリングリスト「戦争を語り継ごうML」主宰。
・ウェブサイト:「戦争を語り継ごう -リンク集-」
・著書:「むかし、みんな軍国少年だった」(共著)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。